フォト

カテゴリー

otennki

◆カテゴリなし

PC故障中…

職場からの更新でございます。

PCが購入満2年にして修理代金11万という前代未聞の?故障を起こし

買い換え致しました。

到着はあさって。それまでPCなしの暮らしでございます。ううう。

ミニメールで誕生日のお祝いをくださったかた、

すぐにお返事できずすみませぬぅうううう。

 

ああ。前のPCにはみいむうの(飼い主にとって)貴重な画像がてんこもり保管されていたのに…。

ううう。泣くに泣けない毎日でございます。

 

とりいそぎ、ご連絡でございます。

こんなお知らせ、僭越とは思いましたが(笑)

里の母への安否連絡として…。ははは。

3連休に、3匹紹介




 

迷い込んでこの部屋にこられた方のために、

遅ればせながら三匹の紹介を。

 

ちなみに飼い主はA(女子)とB(男子)です。

 

 

さて、実は来週から飼い主Bの長期出張に伴い

およそ2ヶ月の間、デジカメも不在の予定です。

ああ、どうしよう、画像アップ…。

2ヶ月は長いぞ。2ヶ月後にはむうざるも成猫だっ!

(たぶん、みいざるは体重増加以外に変化はないでしょうが…)

デジカメをもうひとつ、それもブログのためだけに購入するかどうか

思案中です。

 

収納の鬼、への道…?

飼い主Bの不在で、なにか取り付かれたように家の掃除?をしています。

掃除、というより整理、かもしれない。

とにかく、いい加減にいれっぱなしのものが押入れ、キッチンとてんこもり。

一気に収納をやり直そうと、今朝は朝からねじり鉢巻(性格には首タオル・笑)でした。

 

いやもう、こんなにあったのね。不要なもの。

●昔撮った写真

→もはや自分がこんなだったと思いたくないような写真。時代はバブルよね…即廃棄

 

●観光地で買った変わった調味料

→買ったときは「これでうちでもナシゴレン♪」とか「これでうちでもサムゲタン」とか

 思ったんですけどね…

 日常生活に戻ると、和食オンリーのうちにナシゴレンの出番はなく。鶏1匹は調理できず。

 変わった調味料はすでに、品質そのものが変わっていました。

 

●いつか使うだろうととっておいたビン・缶

→「かわいいわ、すてきだわ、きっといつか使うはず」、と思ってはや数年。

 わたしの趣味ではやはり東京ディスにーランドクッキー缶は再利用できなかった。

 ごめんね、ミッキー。

 

死屍累々。途方もない暑さの中での作業は心底疲れます。

疲れるくせに、はじめたらなかなか終わらない。

気がつけば日は暮れ、みいむうはえさの時間を並んで待っておりました。

 

片付けてだいぶすっきりしましたが、次なる課題は収納のしなおし。

押入れって、どうしたら有効活用できるのかしら?

は~。主婦の才能ないなぁ、わたくし。

 

 


この作業、いつもむうざるの妨害行為にさらされます…

「まじめなヨンジュン様」+不真面目韓国語勉強

日曜夜から今朝にかけて、私はおそらくのべ12時間近く

ぺヨンジュンさんのご尊顔を拝していたものと思われます(笑)。

ブラジルからのお客様は、それはそれはまじめなファンであり、

自分の訪日と、ヨンジュン様の来日の時期が重なる幸運を

もう運命の啓示として捉えているのでした。

「あの人は完ぺき主義だと思います。きっと結婚はしないでしょう。

 彼が何でもできすぎますから。」

まっすぐな瞳でまじめなファンにそういわれると、思わずこっくり肯いてしまう。

テレビで流れてのるVTRは「徹子の部屋」ヨン様登場回→冬ソナ完全版1~4話。

 

そんなわけで。

明日の韓国語教室の宿題も、日記も、もちろん趣味の韓国語広告シリーズも

まぁったくやってません。

あしたからまた、平常運転。…たぶん1年分は見たな、ヨン様画像。

 


でも、コイツもかわいくて…




むうざるは、姉妹で動物病院に保護された捨て猫です。

1ヶ月、動物病院のゲージで、お姉さん猫と小さくなって暮らしていました。

私にむうざるを紹介してくれた獣医さんは言いました。

「この子たちは、捨て猫で、とても食べ物に執着しています。

とくにこの子は、いつもきょうだいに遠慮する臆病でこわがりです。

もう1ヶ月もここにいるのに、なかなか引き取り手がないんです。」

紹介コメントに反して、やんちゃで、物怖じをせず。

でも紹介コメントの通りたべものにセコいです(笑)

 

家にきたばかりの頃はトイレも満足にわからず、

そこかしこに粗相をしていました。

何度もトイレを教えていると、そのうち

自分からオレンジ色のみいざるのお下がりトイレに

入っていくようになりました。

 

新しい環境で、必死に?なじもうとしているのを見ると

どうしてもかわいがりたくなるから、困ったものです。

 

最近は家の構造を知り、少しずつ

「ここがわたしのいるおうち」という顔をし始めています。

どうか二匹が仲良くなりますように。

毎日、祈るように暮らしているsonzaruなのでした。

 

この夏の課題

梅雨はどこへ、いっちまったのでしょうか…。

 

関東地方は昨日、今日とまぁまぁの晴天です。

こんな日は、みいざるもすっかり散歩猫に。

 


尻尾が若干太いのは緊張の証。ぶんぶん振って自分の威厳をアピール

 

 

おととしお隣の奥さんから頂いたカシワバアジサイの花が

今年はきれいに咲きました。

陽を浴びる花々と飼い猫。なんとなく、何かを育てたい気持ちもむくむく。

 

で、突然ですが今年は綿花をそだててみることに。

 

先月、生協のチラシにあった綿花の苗。

今から育てると、8月下旬には綿の実が収穫できるとか。

小学生のときに「風と共に去りぬ」を読み

「ああ、わたしも綿花畑がほしい」と思った私。

(あ、ちなみに「キャンディ・キャンディ」読破のときは

イギリスの寄宿舎学校進学を夢見ました。影響されやすい子どもで…)

あれから○年。畑には程遠い2ポットで、この夏は綿花収穫を狙います(笑)

 

 
 
さきっちょの小さなものまできちんと花の形。自然はすごい。
 


    こちらが夏のお題。成長がわかりやすいので、子どもの理科学習にもぴったり、らしい。

 

 

bud     bud    bud  

 

 

 で、今夜のみいざる。箱になっています。

   明日も晴れなら早起きして、いっしょに散歩しようね、みいざる。

 

 


「そして人生は続く」(ってのは映画のタイトルですが…へへ)

月曜日に職場へ行くと、ついつい人生について考えたくなるsonzaruです(笑)

 

韓国に前のめりになってから、鷺沢萌の本を読むようになりました。

小説よりエッセイ。朝鮮半島にルーツを持つ彼女は、韓国への語学留学も果たしています。

やれ新村でトッポギを食った、だの、語学堂のレベル分けテストが不本意だった、だの

韓国好きで、いつか彼の地にゆきたいと思う人間にはぴったりなので。

 

そんななかに。

「がんばればなんとかなる」と願いをかなえることよりも

「がんばってもどうにもならない」と諦めることの難しさを書いた文章がありました。

大人はしばしば子どもに「がんばって夢を叶えろ」というけれど

「がんばってもどうにもならないこともある」と諦めることは教えたりしない。

年を重ねて、人生の舞台が突然暗転するような場面に

人は自分ひとりで、諦めることを学習しなければならない。その孤独の深さはいかばかりか。

そんなような内容です。

 

「生老病死」という言葉があります。私の今の仕事は、ほぼこの4文字に凝縮されます。

そしてまた、この4文字は、努力ではどうにもないものでもあります。

生まれること、老いること、病を得てしまうこと、この世から立ち去ること…。

どうにもならないことがある人生だからこそ、努力でどうにかなることに

精一杯の力を尽くすのだ。

ひとにも、自分にも、みいざるにも。

せめてそう言い聞かせようと思わざるを得ない、月曜でした。

ふ~。

 


つくねんと。みいざるも物思いにふけています。

タイトルなし

タイトルなし

タイトルなし

2015年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

わたしの本棚

  • 「韓国語本」はトライした順に


よろしければ、ポチっと…

열공!!!한국어

無料ブログはココログ