フォト

カテゴリー

otennki

ねこいえづくり

2008年我が家のリフォームは、基本的にねこ仕様(笑)

気持ちは素直に

よくリフォーム会社のホームページに

「施工例」という記事がアップされています。

ついこのあいだ、リフォーム終わったばかりのわが家にも

そんなお話があり。

先日、女性建築士T嬢を含む3人が

わが家の撮影にやってきました。

 

もともとは和室改造だけだったはずが、結果としてリビング全面改装にまで至ったのは

入社10年足らずの若者3人が練ったプランにぐぐんと惹きつけられたから、です。

結果としてリフォーム全般に関わったのはT嬢のみでしたが

最初の最初のアイディアを出した2人も「ぜひビフォーアフターを見たい!」

撮影を口実に、わが家にやってきました。

 

 

 

で、撮影大会…

 


いやぁ、この日のために必死で掃除したさ(笑)
 
 
撮影された画像が本当にアップされるかどうかは
実のところ、不明(笑)。だって、あくまで口実なので。
リフォーム工事の苦労話で話しは弾み
ついつい話し込んでいると…。
 
話し込んでいると…。
 
 
とつぜん、あの方が…。
 
 
 


いきなり、膝乗り攻撃!?飼い主B以外には滅多にやらないのに。

おててまでそろえて。それほどリフォーム、うれしいのか?みいざる先生。

 

 

 

みいざる先生が大人の接遇をしているのとは裏腹に

むうざるはまったく、社交的ではなく。

「せっかくなので猫ちゃんの写真を…」とかいってくれてるのに

レンズ向けられるとしっぽを太くして威嚇。

 

 

…つかえないなぁ、ほんと。おまえは。

 

 

 



2Fでひとりまったりするむうざる。心なしか皮下脂肪ぷるんぷるん?

中身がかわらないと、ね^^;;

「新居」となって初めて迎えるゴールデンウィーク、です。

1Fが変わったのに伴い、2Fも大整理。

でもって。ひさしぶりにあやつを連れ出してみました。

 

かつて動画で登場した、猫用爪研ぎロボ・ローラ。
かなりほこりっぽくなって、再登場(笑)
 
 
では、以下はローラ目線での、新居リポートです。
 
 
 
(ローラ)「おひるのわがやは、すっかりバラバラせいかつです。」

 
 
(ローラ)「おだいどこには飼い主Aさんとみいさんです。」

 
 
唐突ですが、ここでローラリポート終了。
「部屋のイメージに合わない」という世論により
ローラは本棚下に収納されたもんで…。

 

 
 
ちなみに、ビフォーアフター的に追加すると
最大の難問であった2本の柱はそのまま、わが家に居座っています。
 
 
Before

2月26日。工事開始から2週間。
 
↓↓↓
 

なんとなく柱でしきられて、
台所だったスペースは図書スペースに。
 
 
 
以前と今でいちばん変わったことは
身長よりも高い位置の収納がふえたこと。
そこで、とうとう室内用の脚立を買ったのですが
これがスグレモノ。かなり重宝しているので、
例によって名前をつけてあげました^^
 


「銀座ダイアナ」という靴屋さんの隣のお店で買ったので、ダイアナなの(笑)

 

 

 

昼の部はこんな感じなのですが

夜の部は、広くなったというのにいまいち空間をつかいこなせていません。

 

とくにこちらの2匹は…

 

 

なんでだか、ふたりとも同じかごがお気に入りでして。

一見なかよさそうにみえますが。みいざるの「舐め舐め攻撃」で
むうざるの眉毛は、逆まろ状態です。

怒りのむうざる。目が怒ってます(笑)

唯一にして最大のむうざるの反撃「頭わしづかみ戦法」。
かごはにひきの重さで、どんどん傾いてます(笑)
 
 
 
 
やれやれ。
 
家がかわっても住まうメンバーがいっしょだとねぇ…。
とりあえず、もういっこ同じかごを買うのが
このゴールデンウィークの最大の課題になってます。
 
 
それまでのあいだ…
 
 
あんたたちは…



 

 

カレンダー通りの連休のため

明日は出勤です。

明日働くみなさん、がんばりましょー^^

「施主確認」前夜に

1つ 終わるたびに次のお題が立ち現れるリフォーム工事も

ついに4月20日、引き渡しとなりました。

明日は「施主確認」なる日。

ここまでの工事の出来で不満点があれば、最後の1日で突貫工事するという(笑)

まさに最終盤であります。

 

そんなわけで。本日、家族全員で

 

 

「ビフォーアフター」ちぇ~っく!

 

 

奥がキッチン。以前和室だったところを一体化しました。
柱が抜けないところは、X型に交差して一体化断念。
 
 
 
二枚のドアの取っ手は、私がまんまとT嬢にだまされ
山まで枝狩りにいった案件。
ですが結局、生木は使えないことがわかり、
急遽SOSを出したのが、飼い主Bの父君です。
お義父さんは、木工で椅子やテーブルを作る達人。
そこでハンドルに適した材をおくってもらい
建具屋さんに頭をさげて、このように仕上げました。
 

 

ほどよく乾燥させ、丁寧に仕上げられた木材でした。
世界にいっこしかない、ハンドルです^^
 
 
 
もともと 今回お願いした建築会社は
おととしの夏に猫棚設置をお願いした、無垢板加工を得意としている会社です。
2年前、せっかく仕上げてもらった猫棚は捨てるのにおしいので
6分割にし、いろいろに再利用しました。

 

リビング上部のはめころし窓から、みいむうが外を眺められるように。
でもみいざるに、上の棚はきびしいかも…^^;;
 
 
 
6分割の残り4個は、キッチン側の棚と、窓枠下にはめ込みました。
キッチンの窓辺でパセリを育てる、というのが
実は、結婚したころからの夢だったもんで。
日あたりの悪い立地なので、しょせん夢でおわりかも、ですが(笑)

ちなみに、ピンクのてんてん部分が、先日お伝えした定礎です。
ほんとに、わたしの自己満足^^;;
 
 
 
さて。
この部屋にうちのにゃんこがどう入れるかというと
ドア下につけた「猫ドア」がその通路になります。
が、建具屋さんは過去に何度も「ペットが通ってくれない猫ドア」を作った実績のある方。
猫の性格で、どんなに重いドアでも通っちゃう輩もいれば
どんなに薄い境目でも及び腰になる子もいるそうで。
そんなわけで、この間ずぅっと建具屋さんは心配してたのですが…
 
この難関を、 あいつ が突破しました。
 
 
 
↓↓↓

のぞいているのは、みいざる先生。
いやぁ、あなたはおなかがねぇ…じゃまざんしょ?

おお、さすがみいざる!ちょっと惚れ直しました。
 
 
 
 
 
飼い主予想では、通過候補最有力だったむうざるは…。
この通り。
 
↓↓↓

透明のしきり板ごしに、涙目で内部を眺めるむうざる
 
 
 
事前確認は、数カ所気になるポイントをみつけ。
とりあえず明日の施主確認で相談する予定です。
飼い主同士の意見は固まっていますが、
さて、にゃんこの立場からはいかがでしょうか?

 




 

ま、いいや^^;; 

みいざる、結論出たら教えてね。

 

さてさて。ちなみに引き渡しの日は例の

 

「白い巨塔」ファンミーティング当日!

 

 

げげげ。どうしよう。なんだかますます、私の愛は

みょんみょん<新しいねこいえ

に傾きつつあります。ううむ…

 

100キンと、みいざる遊びは癖になる

100円均一、略称100キンってのは

ついつい行ってしまうのですが

その実、

「あまり行ってはいけない、中毒になってはダメ」

と自戒している場所でもあります。

買いすぎてしまう、ということももちろんなのですが(笑)

 

なんというか。

箸もノートもマグカップも籐のかごも、ずぇんぶ100円、

ってのはいかがなものか、と。

モノを作るための労働力を、きちんと評価していないというか。

モノのあるべき値段が壊れるのに、いちやく買ってしまうんではないか、とか。

 

とか、とか、講釈たれながら…

結局今日も行ってしまった私なのですが。

 

でね。それでもって発見したのが、こちら。

 

↓↓↓

 

しかも包装猫模様。かわざるをえまい…
 
 
何度もしつこく書いていることですが
私は韓国のお菓子・バターワッフル(クラウン社製)がどぅわいすき。
(これから韓国旅行されるみなさん、
おみやげはクラウン社のワッフルが最適品ですよ!)
 
でもって、この100キンのバターワッフルは
むぁったく、お味が“とかってよ”(一緒ですぅ)~。
 
これは、ひょっとしてクラウン社のもの?
と、パッケージを確認すると…
 
 
うぉ~
 

やっぱしぃ♪
 
 
そんなわけで。思い切り前言撤回。
これからしばらく、「韓国通い」でなく
「100キン通い」が続きそうな今日この頃。
 
 
cloudcloudcloud
 
 
閑話休題。
 
リフォームは、キッチンのタイルが貼り終わり
例の「定礎」もできあがりました。
どうも私が依頼した建築会社は、T嬢はともかく(笑)
職人さんはユニークな人揃いらしく。
おそるおそる切り出した「定礎」話に
職人さんは想像以上に反応してくれました。
きけばこの職人さん、
趣味で「タイル絵」「しっくい絵」を作っているのだとか。
 
「奥さん、僕の技を披露するチャンスをくれてありがとうございます!」
というがはやいか
「タイル1枚分を漆喰塗りにして、
そこにタイルで刻んだ猫さん二匹の足形を貼りましょう」
「奥さん、ぜひ字もしっくいに釘で書いてください」
と、アイディア目白押し。
こ、こっちがひきそうになるほど(笑)
 

 

ちょうどキッチンのコーナー部分。
「私だけが見られる場所に」とオーダーしました。

 


読めますでしょうか?「2008・4・11 みいむう」と書いてあります。 

貝殻と珊瑚は、何度かいったバリ島旅行でやけど被害に遭いながら集めたモノ。

まさか、こんなふうに使えるとは!

 

 

いやぁ、楽しかったです。

私の家、って感じがしてきた^^

ちなみに、作業前夜に私が準備したデザイン画がこちら。

 

↓↓↓

 


 

そうです、みいむうの足にべったり、墨汁ぬらせていただきました。

んでもって、思い切り引っ掻かれました…やれやれ。

 

飼い主Bは、ぎっくり腰も快方に向かい。

来週1週間で、家の工事も最終盤になりそうです。

みいざる、第2居間暮らしももうすぐだからね。

ごめんね、君で遊んで…

 

 

そんなきょうも、みいざる遊び


だって、買ってきたシャンプーについてたんだもん、このシール…

さすがに、そろそろ…

さてさて。

 

家のリフォームは

キッチンのタイルも一部をのぞいてはりめぐらされ

自前の木材をハンドルにしたドアも設置され

外壁工事も進んでおり。

少しずつ、完成に近づきつつあります。

 

 

改造した1F部分の壁の色を変えました。
「レジェココア」っていうんだそうです。
チョコレート好きだから、わたし。
 
 
 
家を破壊するときもすごかったけど
外壁工事の騒音も、ものすごい^^;;
みいむうにとって本来お昼はお休みタイムですが
どうやらまったく、寝られないようです…
 
 



 

 

完成も近くなり、飼い主の気分は高揚。

先週末は、飼い主Bとサムギョプサル屋さんで肉三昧。

 

 


私の街にある、韓国風焼き肉屋さん。エゴマの葉などもあり、美味でございます。

 

 

と、まぁ。

 

ここまでは調子がよかったのですが…。

 

 

 

わが相棒の飼い主Bは、本日伏せっております。

どうやら「ぎっくり腰」らしい。

きのうあたりから腰に違和感があったのが、

本日職場で重い段ボールを抱えた瞬間、ぎくっとなったとか。

でもねぇ。私の推測では、

慣れない座椅子暮らしも要因ではないかと。

2月12日にスタートしたリフォームは、明日で2ヶ月を迎えます。

そろそろ、第2居間での暮らしも疲労のピークかと。

 

本日職場の先輩にも言われました。

「リフォームやると疲れるからね。あんた、だいじょうぶ?

リフォーム終わってから入院しちゃった

って人、結構いるよ~。」

「あ、でも休んじゃダメよ。今人手、足りないんだから」

 

へぇへぇshock

まぁ、全部自分の好みになることはありがたいんですが

一生に何度もないことなので、異常に真剣になり

テーマが出るたび徹底的に調べないと気が済まないので

私も疲労は、確かにピーク。

 

なのに明朝は、台所タイルの打合せ。

2ヶ月前に調子こいて言っちまった、私の以下の発言が

諸悪の根元であります。

「よくビルにありますよね、『定礎』って墓石みたいなやつ。

ああいうふうに、タイル1枚分だけ

みいむうの足形とって、日付をいれて

自己満足するコーナーを作りたいんですぅ。

できますかね、そんなこと?」

 

…できるんだそうです。でもって、早起きして

明日はキッチンの「定礎」作りでございます。

はふ~。がんばれ、私。

(ま、私の自己責任なんですが。ははは…)

 

 

 

 


階段でつくねんとするむうざる。

もうすぐだから、待ってなさい。

ねこなんだかギターなんだか…

さてさて。

 

ようやっと、本日リフォームは木工事なるものが終了しました。

以前の家の破壊工作に始まり、作りつけの家具まで担当した

本命大工のNさん(推定30歳前半、イケメン、二児の父、ロック好き)

のお仕事は、本日終了。

2月12日まで、あんなだった家は、こんな風にかわりました。

 

<あんな>

↓↓↓
 
<こんな>

 
でもって。この間存在感希薄(笑)だった飼い主B
完成度合いに感無量、らしく。
なんでかっていうとね。
実は本命大工さんは、猫の足跡以外にも
様々な「作品」を仕上げていってくれたのでした。
 
shineshineshine
 
あんまり出てこない話でしたが
飼い主Bは、ギターがどぅわいすきです。
でもって、わずかな時間で本命大工さんと言葉を交わすときも
そっち方面のたとえや意見が多かったようです。
どうやら洋楽好きの本命大工さんも、そのやりとりに刺激されたようで。
作りつけ家具のそこかしこに
「ご主人へのプレゼント」(本命大工さん)が作られました。
 

   



coldsweats02coldsweats02coldsweats02

 

やれやれ。男同士の話は、かなり弾んだらしいな(笑)

 

 

本命大工・Nさんは

「こんなに遊ばせてもらって」と言って

本日22時にわが家をあとにしました。

2ヶ月近く、毎日通ってきてくれた本命大工さん。

なんだか名残おしい気がするのは、

心ゆくまで話し合って、形にしてもらったからでしょう。

 

shineshineshine

 

残るは壁の塗装と、外壁工事。完成予定は4月第3週。

本命大工さんは思い切り大当たりでしたが

建築士T嬢はなかなか不発弾で(笑)

猫ドアもロック家具もすべてカヤの外だった彼女。

今後本領発揮となるかいなか…

 

(彼女のアドバイスでわざわざ取りに行った枝は

生木では使えないことが判明しましたし。キ~っcrying

 

とにもかくにも。

おし、もうちょっとだ。がんばろ~。

 

<おまけ①>

木工事完成で、堂々と新居に立ち入るみいむう。

 

 

みいむうは、どうしてもキッチンが気になるらしい…
 
 
 
<おまけ②>
これがその、テレキャスってギターらしい…
 


よかったね、飼い主Bくん

 

 

 


ひみつのドア、から見える世界

きのう、とうとうキッチンが運び込まれた改造中のわが家。

床と天井がとりあえず塞がれたので

今夜はわが家のめす3匹で「リフォーム見学ツアー」を敢行致しました。

 

人間と猫、熟女と娘っこで立ち寄り先がかなり異なるこのツアー。

まずむうざるがどこに直行したかというと…

 

 

①むうざる的リフォームツアー

 

…知るか(笑)
 
 
…キッチンの脚立下に直行。どんな意図があるものやら。
ツアーの最中も落ち着きなく、瞳孔開きっぱなし。
ジャンプにダッシュを繰り返し、殆ど我を失っています(笑)
 

たぶん、君にはいっさい関係ないだろう。パントリーは。
 
coldsweats02coldsweats02coldsweats02
 
 
 
 
一方熟女みいざる先生は、さっそく期待通りのリアクション!
 
 
②みいざる先生的リフォームツアー
 

見事に「伝説の大工」の策にはまるみいざる先生。
この雲形の中にこそ、あとを残したいらしく。

 
みいざる先生の動きはむうざるに比べスローリー。
材質吟味とにおいチェックに余念がありません。
たぷたぷのおなかがじゃまになるだろうに
なんだか一生懸命の姿勢でチェック。
ツアーっていうより、建築確認検査って感じです(笑)
 

ネス湖のネッシーが上下逆になってるような画像ですね。
(ちょっとたとえがわかりづらいなぁ…笑)
頭をかなり下げて、もうおなか窮屈なはずです。みいざる先生。
 
 
 
さてさて。先日、伝説の大工が見本を残していってくれた猫ドア。
その後、伝説の大工のヘルプ終了後も
見本があるというのに
本命大工さんはなかなかとりかかろうとしませんでした。
さては戦意喪失か?と危ぶんでいたのでしたが。
 
「奥さんのイメージって、『トムとジェリー』のジェリーが逃げる穴、でしたよね?
僕、5歳の娘と一緒に見たんですよ、『トムとジェリー』。
そしたらやっぱ、あの見本では『トムとジェリー』にならないんですよね…」
 
やっぱり私の表現が稚拙、あるいは抽象的、あるいは少女趣味
だったのかと
私の方が戦意喪失していたのですが
おとといできあがった猫ドアは…
 
 
猫ドアは…
 
 
 
こんなふうでしたっ!
 
 
↓↓↓
 
 
 

一晩枠木を水につけてU字型にし、さらに小さな破材を中に貼り付けたそう。

 
 
これだけでもイメージ通りなのに、もっと楽しいおまけもありました。
 
↓↓↓


 
 
なんと、猫のあしあと!
고양이의 발자국
(突然韓国語。あまりに感動して、本日個人レッスンで披瀝したくせに、
肝心の「あしあと」が言えずに固まってしまった反省から…。
自主トレです^^;;)
 
 
わざわざ手で彫ってくれたのだそうです。うひょ~。
本命大工、リサーチ力といい表現力といい、あっぱれじゃ。
 
これはね、きっと伝説の大工さんがいるから、なんでしょうね。
まねっこするのは簡単。しれ~っとアイディアもらって
先輩持ち上げとくほうが、なんぼかたやすいはず。
だけれども、だけれども。
本命大工さんは
「自分ならどうするか」ってのを見せるほうを選んだのでしょう。
 
伝説の大工さんの弟子を自認する本命大工さん。
きっとこれは、伝説の大工さんも
「へぇ、やられちゃったな」
ぐらいの賛辞は言ってくれるんじゃぁないでしょうか。
 
 
見習うべき背中がある世界は、うらやましいなぁ。
自分もいっしょに高みをめざせるもんなぁ。
たかが猫ドア、されど猫ドア、ってなもんで
私はなんだか
自分の職業にも通じる「いい話」を体験した気がしてるわけです。
(ほら、根が感動しやすいタイプだから、私…ははは)
 
 
この猫ドア。
ツアー敢行中のみいむうにも興味をそそる観光名所で
「これはなに?どこへつうじてるの?」
二匹とも興味津々だったのですが…
 
 


 

※なにせ猫仕様の多いわが家のリフォーム。

 だのでカテゴリー名も甘ったるい「すい~とほ~む」から変更しました^^

「おばさん中学生」と伝説の大工

きのう、20代の韓国つながり友達と1時間半の長電話をしていて

飼い主Bから

「おばさん中学生」

 

という不名誉な呼称を賜ったsonzaruです。

(「ホームレス中学生」に対抗してのネーミングらしい…)

 

ちっ。

 

 

そんなおばさん中学生は、きれいに晴れ渡った日曜の午後

裏山に枝を探しにでかけておりました。

 

 

裏山のさらに奥に広がる雑木林。ケモノ道を通ってゆくのです。
 
 
なんで枝刈りか、というと。
 
リビングのドアのイメージを尋ねられ
「『大草原の小さな家』のお父さんが作るような、無骨なドアがいいんすよね~」
と、調子こいたことをおばさん中学生が言ってしまったことに端を発します。
そう言えば適当に作ってくれるかと思いきや
建築士T嬢は、ドアのレバーだけは自分で調達してくれとおっしゃる。
 
「60センチくらいの長い枝だと、かっこいいですよね」
「流木もいいですが、せっかく裏山もありますしね」
 
などと言われ、思い立っておばさん中学生は山に出向いたのであります。
 
 
裏山のさらに奥は、地域の共有スペース。
(だから私は「おばさん中学生(枝どろぼう)」なわけだ。あいぐ~)
分け入ると、どうやら子供が作ったらしい秘密基地らしきものもあり
でも一歩進むごとに
「きゅわああああああ」
という鳥の声がしたりして
ちょっとばかし、
映画の「スタンドバイミー」気分でもありました。
 
 
 
で。
T嬢の過酷なオーダー(長さ60センチ以上、確保数4本以上)を満たした
ゲット品が、こちら。
 
 
↓↓↓
 

採用されるかな。材料自前で目指せローコスト!!(笑)
 
 
長い枝を抱えて四苦八苦で裏山を降りると
二階の出窓には見知った姿が。
こやつらは、実に不思議そうに飼い主を眺めておりました。
 
 

 
 
 
 
閑話休題。
 
家は着々と出来上がりつつあります。
 
先週、いつもとは違う大工さんが一人、数日のみという予定でお手伝いに来てました。
この大工さん、実はアイディアに優れた「伝説の大工」とのこと。
なんとなんと、あの
松嶋菜○子の逗子の豪邸!
 
ではなく、松嶋菜○子の豪邸近くの
もうちょっと小さめの豪邸 を作ったのだそうであります…。
 
shockshockshock
 
 
なにせ数日のお手伝い。メインの作業ではなく簡単工事がご担当らしい。
で、その時の小さな懸案は、
「既存の柱に刻まれたみいざるの爪とぎあとをなんとか残せないか?」
という、ほんとにちっちぇ~懸案でした^^;;
 
 
ねこばかのキワミではありますが
みいざるが子猫のころから作ってきた柱のキズは
飼い主にとっては「5月5日の背比べ」みたいなものなので。
 
 
伝説の大工は、なんというか徹夜明けの漫画家みたいな風貌です。
こちらの話がどこまで届いたか
すこぉし、不安になるようなアジョシさまです。
ですので正直、あまり期待をしないでいました。
 
 
 
が、翌日。
 
部屋に入ってみると柱の一部がちょっとかわった風貌になっていました。
 

ん?なぁに、この曲線は…???

雲形に枠をこさえ、研ぎ痕以外をコーティング。
おひょひょ。想像もせんかった~lovely
 
 
さらにさらに。
 
作業台の上には「奥さんの目につくように」
猫ドアの試作品もおかれておりました。
「2匹のうち、1匹がすごく大きそうだったから…」
と2サイズ。
そ、そ、それは、みいざる先生のこと、ですよね。やっぱり。
初めての人にも「デカイ」っていう印象なんだ、みいざる…。
 


 

 

そんなわけで。

 

久し振りのリフォーム報告でした。

少しずつ形も見えてきて、完成が待ち遠しい今日この頃。

伝説の大工さんは来週も1日だけ、お手伝いにきてくれるとか。

例の枝のドアレバーも、相談しようそうしよう!

ふりかえれば、ヤツがいる

先日、新たにツボにはまったおのこを発見し、ひとり発熱状態だったわたくし。

でも今は、発火寸前 bomb でございます。

 

原因は…そう、リフォーム。代わり映えしない日常ですが(笑)

工事は日々進んでおり、イケメン大工との関係も日々深まっておりますが

できてみると、図面の印象だけではわからないことが出現し。

 

bombbombbomb

 

 

「思ったよりも部屋、暗いじゃないか!」と、予算の帳尻あわせをして

窓を新たに発注することを考え、

いざ設置しようとすると、前の業者さんが作った筋交いが出現して

 

「おまえ、またこんなことをしくさりおって…」

 

と呪詛の言葉を投げつけたくなり。

 

 

bombbombbomb

 

 

大枚はたいて注文したフローリング材が届いていたので

夜にまじまじと眺めていれば…あれれ、イメージと違うやんけ!

今回担当しているリフォーム業者さんにも

 

「おまえまで、こんなことをしくさりおって…」

 

と再び呪詛の言葉が頭にうずまき…。

 

 

bombbombbomb

 

 

やばい。インフルエンザになりそう。

少なくとも、あの程度には発熱しそう。

うううううううう。

 

でもって。

そうやって深夜こっそり1Fに侵入する間も

(って、わが家なのになぜかコソドロ状態で忍び込んでいる自分も情けないけど。ははは)

わが家の2匹の女子猫は

「あたしもいれでぇ~」とうるさいこと極まりなし。

 

ちなみに2F暮らしの間、

階段の入り口に、それまで浸かっていたじゃないや(そう、浸かっているのはみょんみん様♪)

使っていたドアを設置して、みいむうの防波堤としています。

2匹をふりきって、1Fにコソドロ潜入して、落胆して

ふりかえってみれば、ヤツがいる…

 

 

 

 

しろくろの物陰がくっきり。三毛はどこいったかな?


おんまはねぇ、もうきみなんか、エサぬきにしたくなるほど怒ってるのだよ!

むうちゃんったら、そんな目でみないでよぉ。

(↑結局バカ飼い主・笑)

 

 

はぁ。こうしてブログでガス抜きして、少し発火、おさまりました。

明日もリフォーム担当大臣として、仕事とかけもちでがむばらねば…

 

 

夜の現場監督、昼の現場監督

自宅のリフォームが始まって

早いものでもう、2週間がたちました。

住まいながらの2ヶ月工事予定が、もう4分の1、過ぎたということになります。

 

でもって。せっかくなのでもう自分の趣味として(笑)

家の変化をたどってみると…

 

 

解体後、新たな柱出現にビビッたころ
 
↓↓↓

柱は残す、と方針転換。
裏山側は掃き出し窓にさしかわりました。

 
↓↓↓
 

床暖房を入れるべく、床部分の工事スタート。
 
 
 
ごらんのとおり、本日の画像は夜撮影。
実は、大工さんが引き上げた夜に
こっそり?現場に足を踏み入れ、その日の進行具合を確認するのが
なんだか日課になっています^^
毎日、小さくても何かしらの変化があり
それはそれで、なんだか「いっしょにそだってる!」とうれしくなり。
(実際は私はインフルエンザにかかるぐらいで、成長してはいないのだけれど…
 これは、成長というより老化とか退化に近いんだわな。ははは)
 
 
 
でもって。
本日の侵入で
例の2本の柱に見たことのないもんが乗っかっているのに気づきました。
 
 

無人の部屋にむかって、ひとり天気予報を低音で語っていたブツ(笑)
 
 
大工さんはどうやら、作業中FMをきいていたもよう。
 
うまいこと仮の棚を作り、小さなラジカセをのっけてます。
ものすごく低い音量できいていたから、電源切り忘れたのかな^^;;
ひっそり、それこそ蚊の鳴くような音量でラジオ放送は続いていました。
 

 
 
…なるほど。
 
この簡易棚アイディアに、ちょっと関心。
 
2本の柱は、いろいろあって結局残すことにしたのですが
このラジカセくんに会って
偶然から必然が生まれることもあるんだなぁ、と思い至りました。
 
 
工事が始まってしまうと、一番味方につけたいのは
実は大工さんだな、と思うようになっています。
私が知らない、小さな迷いや狂いがこの現場では日々起きてるんでしょう
ほいでもって大工さんは、それをいちいち、解決して、形にしてるんでしょう。
その解決具合を共有するには、やっぱりちょくちょく顔をだしたほうがええんじゃなかろうかと
迷惑承知でちょこちょこ、刺さっていってる私です(笑)
 
いやぁ、現場っていうのはやっぱりワクワクするとこなんだな、
それがどんなたぐいの仕事でも。
いきなり話は飛ぶけど、1週間ぶりに出た職場は「現場だぜ」って思っちゃったしな(笑)
 
 
nightnightnight
 
 
そんなわけで。
 
私が夜の現場監督(うぷぷ)なら、こちらが、昼の現場監督。
 
 
↓↓↓
 


相変わらず続けているみいざるの裏山散歩。現場を眺める棟梁の眼光は、鋭い(笑)

 

 

みいざる先生、なんか不満があったら、ちゃんとゆってね。

私ができるだけ、猫語を翻訳して伝えるからさ。

より以前の記事一覧

2015年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

わたしの本棚

  • 「韓国語本」はトライした順に


よろしければ、ポチっと…

열공!!!한국어

無料ブログはココログ