フォト

カテゴリー

otennki

こねこのせかい

2006年~むうざる育児日誌

あの子はどこへ…(こねこのせかい 最終回)

昨日、jkeiさんからこんなコメントをいただきました。

「おかしいな~

 ちょっと前まではこの愛くるしい表情のにゃんこにそっくりだったはずなのに・・・むう。」

 

イェ~ス。おっしゃるとおり。

 

「愛らしい子猫」だったむうざるは、いつのまにやら

「いぶし銀の大人猫」に、なってしまっていたのです。

 

で。

いかに「いぶし銀」になったかを、改めて確認してみようかと。

「あの子はどこへ」企画の始まり始まり。題して…

 

 

「ばけねこ・むうざるの記録」

 

 

 

 

<記録1>  サイズの変化

 

わが家にきて数日。おもむろに、大と小
 
↓↓↓

先日実現したバスケット同席の奇跡のカット。ほぼ同格(笑)
 
 
*****

 

日記にもアップした画像です。こちらも、見事に大と小(笑)
 
↓↓↓

でもって、ほぼ互角の現在。
 
 
*****
 
 
 
<記録2>表情(面構え)の変化

 

加工しがいのある顔でした。わんこ映画のポスターをまねて。
 
↓↓↓
 

帰宅した飼い主Bの物音に驚く、の図。なんだか、おばさんぽい。
 
 
*****
 
 

私の目覚ましを止めたときの自慢げな顔

↓↓↓
 

思うように好きなえさがもらえず、不満げな表情
 
 
 
<記録3> 立ち姿の変化

小さいながらもりりしい立ち姿

↓↓↓
 


大きくはなったが、だらけた感じの立ち姿(笑)

 

 

以上、いかがでしたしょうか。

まぁ、化け猫した結果、わが家の一員として

不動の地位を確立したものとして

むうざるも正式に、わが家のメンバーに認定したいと思います(笑)

 

 


これは、付け届け???

きのうから、突然冬がやってきたような気温です。

 

仕事先で芯まで冷え切ったせいか、夕方にはのどが痛み。

なので昨夜は、いつもの何十倍もはやく床に入り。

 

寒いとみいざるはそっとおふとんにはいってくるので

私が床に就くとすぐに、みいざるもわきの下へ。

 

みいざるのふくよかな体をだきしめ、風邪薬で朦朧とした頭で

「むうざるは、なにしてんのかな…」と思いながら

いつのまにか眠りにおちていて。

 

 

 

で、今朝。

 

起きてみるとやっぱり。眠っていたベッドの上には…。

 


 

 

むうざるはみいざるとちがい

ベッドにはめったなことでは入ってきませんが

その代り

夜の間にいろいろおもちゃを運んできます。

わざわざ、どうして、寝てる私に…???

 

 

どうしてもってきたの?ときいても、答えはなく…


ちょっと風変わりなにゃんこに、そだちました。

 

 

さてさて。本日も大事をとって早寝のわたし。

あすの朝は、どんなものが

私のベッドにのってるのかしら…?

 

nightnightnight

やっと一山乗り越えた…

ずいぶん、わたしにしてはずいぶん。更新を控えていました。

この数日間、わが家ではもう緊張の連続でして。精神的に、更新できない状況だったのです。

その出来事の主役は、むうざる、です。

 

私の故郷へ少し遅い帰省をしたのが1月12日。数泊の留守の間に

むうざるは動物病院へ入院していました。

生後9ヶ月。避妊手術のためでした。

無事手術を終え、おなかに痛々しい傷を負ってむうざるが帰宅したのは15日。

その翌日、むうざるの容態に変化がありました。

 

私より先に帰宅した飼い主Bが、ぐったりしたむうざるに気づいたのだそうです。

すぐに、手術をしてくれた病院に連絡したものの、夜間のため連絡がとれず。

やむをえず、夜間診療をしてくれる動物病院へ運び込んだのが夜8時半。

むうざるは体温40.5度。

猫の平熱は38度程度ということなのでかなりの高熱だという話。

どうやら、入院先から重い風邪をもらってきたようです。

通常、予防接種をしていればここまで重い症状にはならないのだとか。

むうざるは、予防接種をしていたはずなのに。

 

くしゃみを連発し、息をするのも苦しそうで、その上全くえさを受け付けないむうざる。

「肺炎を起こしている可能性もある」という医師の言葉に、

ひたすらショックを受け看護に没頭するのでした。

 

それから3日。飼い主はお互いの勤務をやりくりして毎日むうざるを診察に連れて行く日々。

全く熱は下がらず、全く元気は戻らず。

あれだけ走り回っていたのに、自分からゲージをでるのさえ面倒そうなむうざる。

「鼻がきかないから食べられないんでしょう。

 鰹節をかけたりして、できるだけ食べさせてください。」

医師の指示に従って、人差し指にほんの少し餌をのせ、むうざるの唇にあててみます。

ちょっとでも舌を出してくれたら、やたらと声をかける。

「ほらむうざる、おいしいよ」

「よくがんばってたべたねぇ。もうちょっとたべよ?ね?」

「むうざる、はやく元気になろうね。元気になってあそぼうね」

言葉をかけながら、なんだか涙がこぼれてしまうのでした。

 

が、3日たっても熱がひかない。さて、どうしたものか。

とうとう昨日、1本5000円のインターフェロン注射を決断しました。

「効果が未知数なくせに、高価」というこの注射に、医師は投与を迷っていたようですが

いつまでたっても39度台から変化がないため、いちかばちかで。

 

今朝。むうざるを再び診察へ。体温は38.7度。平熱でした。

これからしばらくは、抗生物質の投与だけで様子をみることに。

やれやれ。ようやく一山こえました。

 

それでも。

むうざるは相変わらず眠ってばかりです。くしゃみも減らず。

一番怖いのはみいざるへの感染なので、今は完全別室飼いです。

これまで、隔離されると雄叫びをあげるヤンチャリカだったむうざるは、

別室の、さらにゲージの奥深くに自分から行きひっそり「の」の字の形で眠っています。

 

そんなわけで、飼い主2匹は疲労困憊。

私にいたっては、2日に迫った韓国研修など完全にふっとんでいます(笑)

な・の・に

ただひとり、このひとだけは至福の時間を過ごしているようで…。

 

部下猫従えいい気分。はっぴーおんどる編。

余談ですが、部下猫はだんだん薄汚れていく気が。
心労が表情にでるタイプなのです(笑)

ラブラブ・ソファー編。
むうざるがいると、こんなとき腹部突撃されて地獄絵図になりますが…

そんなわけで、きょうもおかわり3回連発のみいざる先生


本名:みいざる・スカイウォーカー・ルイ・ド・ソレイユ・SD(ジェダイ)

御年9才、ひとりを楽しむ熟女なり(笑)

 

 

おまけ

 

そんなわけで、むうざるの正式名称が本日決まりました。

 

むうざる・インターフェロン・ヤンチャリカ。

 

…それなりにみいざるとバランスがとれたわ。ははは。

むかしの不良は眉そったのよ

最近の、猫の面相をくらべてみよう!

 

ごめんね、みいざる。なんだかムッとしてるほうが風格あるから…

 

和歌山電鉄貴志川線貴志駅の駅長・たまちゃん。1月5日着任、だそうです♪
 
 
さて、何でこんな子としてるか、というと…。
 
むうざるが、眉毛ないことがわかったから、です!!
証拠はこちら↓

 


こころなしか、若干へこんでいるむうざる氏

(生後9ヶ月。「ちなみに誕生日は4月9日お釈迦さまの誕生日にする」と

飼い主Bはいっています。笑)

 

どうもですねぇ…。

舐めるのが大好きなみいざるが、

むうざるを舐めまくってかみ切っちゃったらしい、んです。

これが猫にとって、だいじょうぶな状態かどうか、ちょっと心配な3連休…

 

ちなみに真ん中の写真、駅長たまちゃんの日記は

こちらのアドレス、です。

http://masatosan.blogzine.jp/cb/cat5280981/index.html

オフ会での成果♪

そんなわけで。

以前アップした「まう・む~」を、

本家本元の「마음이」と並べさせていただきます。

スペシャルサンクス・jkeiさん

 

 

わが実母は、この画像を「ほんと、泥棒って感じ」と評しました。
…「ほんと」って。むう、まだ泥棒じゃないけど(笑)

 


ああ、できることなら目に涙たまってるふうにお絵かきしたいっ!

まう・む~

 
 
 

jkeiさんのお部屋をのぞいていたら、どうしてもやってみたくて(笑)

「マウミ」はわんこを主役にした韓国映画だそうです。

 

 

今日のお題にこたえましょうぞ2

icon 今日のお題

ファーストキス、あなたはいつ・どこで・どんな人としましたか?感想も教えてください。(アイデア提供:桃?姫さん)



むうざる、ただいま生後5ヶ月。発情期もしらないこどもなのであります…

こんなの、はずめて…

むうざるの今後で悩んでいることといえば、飼い主2匹の留守中のこと。

いまはむうざるを書斎にトイレ、えさばことともに幽閉し、

昼間の家は女王・みいざるの天下にしているのですが。

さすがに大きくなってきたし、飼い主帰宅後のむうざるのあばれっぷりは

昼間のストレスのせいでもあるだろうと…。

とはいえ、目の届かないところで激しいバトルになったらどうしようcrying

ケンカスタイルはいつも、むうざるによるみいざるへのストーカー行為が原因なので

(どういうわけかみいざるは、すべてむうざるに遠慮してます。

 お気に入りの場所をとられるとすごすご立ち去るし…。哀れみいざる。)

でもね、ほんとのところ、実は水面下で、というか毛の中で、

もっと急ぎのトラブルが発生していたのです…

 

 

cat  cat  cat

 

 

今日は1日休みなので、それこそ24時間、二匹を放置しておりました。

相変わらずみいざるはストーカー被害にあい、時にゴジラのように唸り声をあげ。

でもまぁ2匹はそこそこ1日を楽しんでいたようだったのです。

で、夜。むうざるがキリンビールのマークのごとく寝ていたので

「かわいいやつめ…」とおなかの白毛をなでてみたら…。

ん?…ん?…ん?

 

茶色い、ち~さな動く物体が…。

 

こ、これは、ひょっとして、ノミ???

 

 

cat  cat  cat

 

 

いま、むうは2回のシャンプーのあと、私のピンセット虫取り攻撃にさらされ

それでも元気に走り回っています。

猫との同居生活は長いけれど、ノミは初めて。

いそいでみいざるもチェックしましたが、あれほど表面積が広いにもかかわらず(笑)

いまのところみいざるには確認できていません。

が、同居してるのだからきっとうつっちゃうな。アイゴー。

ネットで調べると「同居猫がいる場合、ノミのいる猫は隔離しましょう」ですと。

 

で、当初の悩み、「いつ完全同居にするか」ということは、いとも簡単に答えが出たのでした。

と~ぶん、ダメ!

 

 


ねこってノミがいるものなのぉ~。またむうざる、ノラ出身とかいわれちゃうよ(涙)

ヤンチャリカの夏

突然ですが、

「やんちゃくちゃぼうず ヤンチャリカ」という歌をご存知の方はいるでしょうか?

大昔、NHKの「おかあさんといっしょ」で聞き知った曲です。

とにかくわんぱく。ごはんは食べない。おもちゃはばらばら。

むちゃくちゃな子どもを歌ったこの歌、むうざるを見るたびに思い出します。

 

 



 

これではみいも疲れるわけだ。

むうざるはどうやら、みいざるのおっぱいがねらいらしく

ことあるごとにみいの腹部に顔面を突っ込んでぼこぼこにされています。

他方みいは、すばしこい子猫の動きに全くついていけず

巨体を揺らしながら逃げ回っています。

 

で、いまの私はこんな感じ。

8月には、飼い主Bがまた長期出張で家を空けるらしい。
体重超過気味の長女と態度ばかりLサイズの次女を抱えて
Aザルの不安は増すのでした。

たのむから毎日そうしててくれっ!

やっと、むうざるがリビングで気の抜けた寝方をしました。

(いつも、物音ですぐ起きるレム睡眠なので…。おちおち台所にもたてないわんっ!)

 



 
 
寝てれば天使。でも起きてるときはこんな感じ↓です。
 
  

                    (アイコンは こういちさんが作成してくれました♪)

より以前の記事一覧

2015年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

わたしの本棚

  • 「韓国語本」はトライした順に


よろしければ、ポチっと…

열공!!!한국어

無料ブログはココログ