フォト

カテゴリー

otennki

にゃるほどメディア

ドラマ、映画、ニュース、本…「にゃるほど」と思わされることごと

まねざる:初恋の人からの手紙

そんざる、元気?
今でも玉の輿に乗る夢を追いかけていますか?「私は勝ち組になる」って毎日言っていた

そんざるをなつかしく思います。

泣きじゃくるそんざるが「好きだけど寂しいから別れる」と言って

自分から連絡を断ったあの日から、もう24年が経ったんだね。月日が流れるのは早いものです。

 

あ、そうそう、手紙を書いたのには特に理由はないんだ。

ただ部屋の掃除をしていたらそんざるからの昔の手紙が出てきたから、なつかしくなって。

びっくりさせたかな。

 

今あのころの付き合いをあらためて考えてみると、なんだか、

そんざるに怒られてばかりでつらかったなぁというイメージがあります。

女子にはもちろん、普通に男と遊びにいくときでさえ、なんだかんだと文句をつけていましたね。「彼女より友達が優先なんだね」と冷たく言い放ったそんざるを今でも忘れません。

今はもう少し心の余裕ができたかな?気になります。

 

そういえばそんざるにとって、おれが最初の彼氏でしたね。

だからか、最初のころのそんざるは、かなり猫をかぶっていたように思います。

最初のころは、少なくとも「ねぇねぇ、のどぼとけ触らせて♪」などと言えなかったはず。

今では勝手に触るぐらいになっているんでしょうね。

まだ付き合ったばかりのころ、そんざるはやたらと

「絶対に別れないって約束して」と迫ってきましたね。

おれは「おう、約束するよ」などと言っていましたが、内心「うっ…」と思っていたのを

よく覚えています。約束を破ってごめんなさい。

 

そんざると付き合えて本当によかったなぁと思うところは、

わりとネガティブな人の気持ちが分かってきたことです。

それにより自分の包容力も多少は強化されました。どうもありがとう。

 

いろいろ書いたけど、おれはそんざるが大好きでした。

これからもそんざるらしさを大切に、そして当時のように黒柳徹子のモノマネをみんなに披露しながら(笑)、幸せをふりまいてください。

またいつか会いましょう。では。

 

P.S. 右肩の関節を外す芸、また見せてください。

 

 

mail  mail  mail

 

 

…ほんとーにこんな手紙がきたら、私はきっと即効燃やすと思いますが^^;;

 

お友達のjkeiさんの部屋で、この「初恋の人からの手紙」のサイトを知り

http://letter.hanihoh.com/q/

人真似こざるの私は、すぐさまやってみました。

 

で。私宛に届いたのが、上記のような手紙。

 

この中には、あきらかに④つ、間違いがあります。

①、②…24年前の初恋、っていうのは聞き捨てならないっ。それは私が生まれる前だっ!(嘘)

     そんなお決まりの嘘はともかくとしても、当時「勝ち組」なんて言葉はありませんでした。

     どっちかっていうと、「3高」ってやつ?

 

③  …喉仏って、いったいどういう…shock 

④  …得意なのは黒柳徹子ではなく松田聖子でありました。

⑤  …右肩の間接外す芸、ってすごいなぁ。捨て身の恋愛。

 

いくつかのクイズを回答して打ち出されてきたのがこの文面ですが

かなり、いやな女だわ(笑)

 

でもまぁ、楽しかった。いっそのこと名前はユジンっていれてみればよかった^^;;

そしたら気分もよかろうが…。

 

 


身に覚えのない指摘に、ごっこ遊びとわかりつつ落ち込む私…

 

 

 

追伸: jkeiさん、どんなもんでしょう?私の「初恋の人の手紙」。ひひひ。

みな、「いきのびた蝉」なのかも

第2居間、と読んでいる二階の小部屋は

小さなテーブルに座椅子を並べての座り生活です。

これが、これまで椅子で生活してきた私にはなかなかに、しんどい。

座椅子から立ち上がるときは「どっこいしょ」と声をかけねばならず

立ち上がった場所にみいむうがねっころがってたりすると、

足の置き場がなく転びかけてしまうほど。

 

な、もので。

目下私の最大の楽しみは、通勤の行き帰りでの読書です。

ほんの数日前、角田光代の「八日目の蝉」という小説を読み

ひさしぶりに、頭を殴られたような衝撃を受けました。

 

モチーフは、おそらく80年代のあの事件。

不倫相手の家を放火し、家の中にいた幼子2人が焼死したというむごい事件です。

事件の起きた頃、私はまだ学生で、就職やら結婚やらまして不倫の恋など縁遠く

一つ転がり落ちるとこうも転落してしまう、という人生に恐れおののいた覚えがあります。

 

小説はけれど、放火ではなく、不倫相手の子をさらってしまい

そこからひたすら逃亡生活を送るという展開です

電車でページを繰りながら、ああ、どうしたらこの子と逃げおおせられるかと

まるで自分のことのように息を詰めていて。…そう、完全に主人公になりきっているわけです。

久しぶりに没頭して、心底疲れました(笑)

 

「八日目の蝉」というのは

地上で7日生き果せて仲間が次々骸になっていくなかで

自分だけ、8日目を生きなければならない蝉の意です。

死んでも仕方ないような一線を越えたのちに見える光景がどんなものか。

 

これはまた、私の本業とかかわることなのですが

「ここからどうして生きたものか」という声を、実はよく耳にします。

子育てが終わった、配偶者に死に別れた、生き甲斐にしていた何かが砕け散った。

若い頃は、もっとすてきな人生が待ちうけていると思ったのに。

この先の人生などなくてもよいのに、まだ生き続けなければならないなんて

あとはしんどいだけじゃないか、などなど。

自分の毎日を「八日目の人生」と思い定めている人は意外に多いようで。

 

では小説は、八日目をどう描いているか。

それは読んだ人それぞれでしょうから、ここでは申しませぬ。

私個人でいえば、八日目も十日目も、生きるに値しない時間などない、と強く思ったのでした。

 

でもって。

小説を読み終えても、相変わらず続く第2居間での生活。

本がないのはしんどいので、かといって、「八日目の蝉」と同類の小説を読む気も起きず

突然なにを思ったか

 

「天璋院篤姫」by宮尾登美子 ぷぷぷっ

 

などを読み始めました。

まったく毛色違いますね、ハイ。大奥っすから。女の世界どろどろでやんす。

 

小説は、いいですなぁ。とくに母国語のそれは。

なんだかすっかり韓国語から離れまくってる私です。

 

 

 

 

<おまけ>

第2居間にて。飼い主は小説、むうざるは新聞を読みふけってます…

 


もう2歳、むうざるも立派な大人。ひとつ稼いできて、お母さんをラクさせておくれ。

タイトルなし

予想外の収穫。ほんとはアジュンマVSキャリア公務員の話だったんですね~

タイトルなし

ハンサムで冴えない役が、彼には似合うと思うんですよね。
あ、もちろん子役の方じゃなく(笑)

タイトルなし

完成度の高いねこ日記。たれねこぶりが感動的ですらあります。
ほんとに体中やわらかそうなはっちゃんです。

タイトルなし

まぁまぁ。見終わって撃ちあいがしたくなる私でありました…。乱暴者なので。

タイトルなし

この本を見てからパンを焼くのが趣味になりました。
パンの焼ける香りと、御飯のたける匂いはほんとうにしあわせ。

タイトルなし

今作っている料理の殆どはこの本がベースです。いわれたとおりに作っただけでちゃんとできるからとっても助かる~!

タイトルなし

つ、つ、つばらなかったです(涙)

タイトルなし

すっきりさっぱり小気味いい。こういう文章が書ける人になりたいなぁ。

より以前の記事一覧

2015年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

わたしの本棚

  • 「韓国語本」はトライした順に


よろしければ、ポチっと…

열공!!!한국어

無料ブログはココログ