フォト

カテゴリー

otennki

日記

ヒビの出来事を、ぐだぐだと…

すこし、さよなら

そして。
8月12日のブログを書き終えた数時間後。
夜9時近くに、みいざる先生は15年の一生を閉じました。

不意にむせるような呼吸を大きく4回。
かけよって、体をさすりながら「無理しなくていいよ」「ありがとう」「大好きだよ」と言い続け
それでもたまらず、抱き上げて頬ずりしているうちに、息をひきとりました。
だるそうではあったけれど、苦しそうではなかったのが救いです。
いちばんさいごに瞳に映ったものが自宅の生活空間で
さいごまで感じてもらえたのが、私の鼓動だったことに、小さく満足しています。

仕事で家を空けていた飼い主Bとあえなかったことは
もしかしたらみいざる、不満かもしれない(苦笑)。
とにかく飼い主Bに全幅の信頼を置いていた先生だったので。

荼毘に付すにあたり、おやつとおもちゃを一緒に入れていいといわれたので
おやつは即、決定。がるがるいって食べていたカニかまスライスに決定。
ですが、問題はおもちゃのほう。なにせ15歳。一応ご長寿なので。
で。迷いに迷った結果、久しぶりに再会したあの方に、
みいざるの道行きの同行を頼みました。

Image9654069

                         「わ、わ、わ、わ、わたしが行くんですか?」(部下猫)




この2年間、行方不明になっていたのが、昨日も昨日。
古いシーツだのバスタオルだのを集めていたとき、引き出しの奥から発見されました。
ブラウン管オンドル時代にみいざるの部下として忠勤してくれたので
申し訳ないが2年ぶりの再会もそこそこに、天国に出張を命じてしまいました。
部下猫的には「えええ、久しぶりに外にでたのに、同行ですか???」と
恨み節だったかもしれませんが。

今はただ、胸がぽっかり空いていて、泣こうと思えばいつだって号泣できる、という感じ。
ただ一方で、なにかそわそわと落ち着かなくなってしまったむうと
「野良猫でしたから、こういうのはあっし、見慣れてるんでやんす」って感じの凸がいるので
めそめそしてもいられません。
出会ったら別れるのが理。自宅で看取れたことは幸い。
いつか天国で再会したら、その後の我が家の報告をみいざる先生にしなくては。

「みいざるといっしょ」と題したブログは、今日で終了致します。
この間、いろんな形でアクセスしてくださった皆様。とても支えられました。
お目にかかったこともない誰かが、我が家の猫生活にコメントをくださること。
とても楽しく、しあわせでした。みいざるとともに、お礼申し上げます。

そのうちいつか「むうざるといっしょ」とか、「オレ、凸郎」とかいうブログを
突然始めたりするかもしれませんが(笑)




ありがとうね、みいざる。15年間。しあわせだったね、私たち。

Image9404663
                   最期は、飼い主Bとみいざるの2ショット、なのだ♪

左手は水のなか

8月10日(日)

みいざるは、一日ずつ、姿が変化していきます。
たとえば、食事を「いらない」といっていたはずが
猫用スープは自力で舐められるようになり
一方で、律儀にトイレにいっていたものが、おむつをあてるにいたり。
おむつについては迷ったのですが、
どうしても足をぬらしてしまい、それがとても居心地悪そうだったので。
初めて、動物用のおむつがあることを知りました。

そういえば。2006年5月に一度だけ、みいざるはおもらしをしたことがあったっけ。
そのときわざわざ私は、落ち込んでる?表情をブログでアップしていて。
それが、こんな感じ。

Image3431118

続きを読む "左手は水のなか" »

クデマン イッタミョン

8月10日(土)

みいざるは特に苦しそうでもなく、かといって眠るでもなく、静かに体を横たえています。
たべものはもう「いらない」そうで、お水を飲むこととトイレに行くことが一日のしごと。
旅立つ準備を始めているのかな、と思います。

韓国の「路上詩人」イ・ヨンハンさんが、のらねこたちの姿を何冊かのエッセイにしていて
その中に、地域で「元祖のらちゃん」と呼ばれているボス猫最期が綴られていました。
野良生活で、めったにない病気に感染したボス猫・パラミを救助したものの
諸般の事情で看取れないため、詩人は猫シェルターの女性に彼を託します。
最期が近くなったとき、女性は詩人にこう、電話をくれます。
「パラミが、出かける準備をしてるみたいです。」

これを読んだとき、いいなぁ、こういうふうに猫の頑張りを「準備してるみたい」と
冷静に受け止めたいなぁ、と思ったものでした。
が。実際は難しいなぁ(苦笑)。事前の覚悟など役に立たないことを、
みいざる先生は身をもって教えてくださっています。韓国留学、いってなくてよかった。

頭の中ではずっと、
ラブホリックの그대만 있다면(クデマン イッタミョン)の歌詞がこだましており。
それはあまりに未練たらたらで。
「このまま私のそばにいて」か。「私をおいて、いかないで」か。
「世界のすべてをなくしてもいいの。君さえいれば」か…。
こういうとき、韓国語の歌詞はなにか、ストレートで救われるなぁ。
日本語じゃないから、うたっててもみいざるに
「やだ、そんざる未練たらたら」って心配かける必要ないし(苦笑)


Image2027621_2
          お散歩に通った裏山。いまのみいは、このベンチをしずかに、眺めてます。
                                                  (2009年4月)


なかまと、おみまい

8月9日(金)

みいざる先生は、さまざまなマイブームを経て、お水しかのまないようになりました。
何にせよ、無理強いはしたくないので、みいざるのテンポにあわせています。
幸い、私も何もすることのない身。ひたすらお仕えする毎日。

いつもお世話になっているキャットシッターさんが、お見舞いにきてくださいました。
みいざるは、それまで寝たきり状態だったのに、
頭を起こして二回、「にゃ~」「にゃ~」とご挨拶。さすが、礼儀正しい。
21世紀生まれと違って、20世紀に生を受けたみいざるは基本ができているのだ。

シッターさんと、さまざまなお話をして、とても、気持ちが楽になりました。
こういうおつきあいがあることはまさに、猫縁です。

あきれるほどに暑い夜。今も外で蝉が鳴いています。
そういえば。1週間以上前、みいざる先生は21世紀猫といっしょに、
庭の外を眺めてたっけ。

Img_7417_2

そう。21世紀猫・凸郎さん(4)と2ショット。ちなみに外にいるのは凸の元カノ、りえちゃん

刺身→ししゃも→さば

8月6日(火)

受診から1週間。
「なんでも好きなものを食べさせて、一日一日をハッピーに送らせてやってください」
という獣医さんの言葉通り、
みいざる先生はこれまでにないくらいのゴージャスメニュー^^

最初の2日程度は刺身ブーム。
かつてはこんなこともあったので…。

037_2


041_3
                                     (2011年2月)


ですが、刺身ブームは割合に短く。
で、次にきたのが「ししゃも」。これまた、みいざる先生が以前より
「1尾丸ごと食べてみたいわぁん」と思ってた(らしき)もの。

Image6783226_2
                                      (2007年11月)


ですがやはり、食事の量そのものが減っています。
上の画像の当時の勢いだったら、もう何尾ししゃもがいても足りなかったろうに。



で、昨夜からきている新ブームは、さば。
指から口に運んでやり、まさに下女のようにつくしているのに
みいざる先生、3口目からは顔を背けたりする。(苦笑)
痩せた体を横たえたみいざるは、すっかり面変わりしているようにも見えますが
中身は、あの傲慢女王のみいざる先生そのもの、らしい。
外見が変わると同時に、なにかすこしずつみいざるの何かが薄まっている気がする。

そういうことも。できることも、できないことも。
飼い主として頑張って引き受けようと、自分を叱咤する
8月6日…。

そろそろ、脱出したい…

実は今年はあと半年ちょいだって、今日カレンダー見て気づきました。

ははは~(と、力無く笑う)

仕事は本来業務より職場のゴタゴタの方で忙しく
韓国語はレギュラーの授業をこなすだけでせいいっぱい。

はぁ…。

なにかこう、そろそろこの国の外に脱出したいと切に思います。
ひとりでぶらりとソウルに行きたい。
何の予定もたてず、ふいに羽田空港から飛び立ち
だらだらと小さな書店を回り。
食事は、一人でも平気な「キンパブ天国」あたり。
トンカツとかオムライスとかアルトッパプとか
観光気分と無縁の食事で空腹を満たし。
若い空気が吸いたいと思ったら
弘大前までいって、立ち並ぶ小さな店で中古のTシャツや手作りのピアスを冷やかし
座り心地のいいソファのあるカフェで長居して
ハングルが飛び交うのを聞きながら、好きな本を読んでたい。
中部市場で食材をリュックいっぱい買い出ししたり
免税品店で雪花秀の化粧品ばか買いしたりせずに、ね。
何事も起きず、何事も積極的に求めないまま
違う空気に身をひたして、自分はひとりだと確認して
ぽとん、と日本に帰ってきたい。

でも、今日本の国を出ることは
いろんな違う実感を伴う旅行になるのだろうと想像します。
3/11以降、きっと日本人に対する目線は変化しているだろうから。

そう。あれから今日で、3ヶ月。
何も変わらず、がっかりしたり憤ったりするばかりで
3ヶ月もたってしまった…

Cocolog_oekaki_2011_06_11_01_04

意外と、ありふれた

想像を絶するじんましんから1週間。
まじめに薬を飲み塗り続けていたら
およそ4日で全快しました。

職場ではこの1週間、私の「じんましん」は格好のネタです(笑)
日替わりでスタッフが替わるので、そのたびにお茶の時間は
「この子週末全身じんましんで大変だったんだってぇ」
と誰かが話題をふり。
でもって、
実は少なくない人が「じんましん」で苦しめられたことがあると知りました。
いやはや。
結構ポピュラーな病気なんですね、「じんましん」。
結局はストレスが原因よねぇ、という結論に近づくと
言い出しっぺの先輩は、黙っちゃったりもするのですが。へへへ。

そんなわけで。
考えている以上に体が悲鳴をあげているのかもしれない、と思い
「もうちょっとできるぞ」と思うところで
もろもろのことを自粛してます。
かわりに頭をからっぽにする時間を作ろうと
HDDにため込んだ韓国ドラマをぼぉ~っと見たり。
「糟糠の妻クラブ」「黄色いハンカチ」「朱蒙」が今の継続視聴ドラマ。
まったく、ありふれたラインナップですが。
しかしなんだって、韓国ドラマの合間のCMは
健康食品ばかりなんだろう。
八千草薫と三國連太郎の2ショットがすっかり見慣れたものに(-_-X)

さぁてと。まだまだしたいことが目白押しの夜ではあるけれど
今日はこんくらいに、しとこ。

018_2
こちらもまた、ありふれや順番待ち光景…   

アマゾンな夜

40すぎても、生まれて初めて、ってのは残ってるものですねぇ…。

sweat01sweat01sweat01

昨夜は一睡もしていません。なぜなら、生まれて初めて
「じんましん」というものが全身にでき
次々襲う痒さに悶え苦しんでいたから、です。
始まりは帰宅して遅い夕食をとったあと。
何気なく掻いていたらいつのまにか上半身が紅白のグーグル地図みたいになってました。
でもまぁ深く考えず
お風呂入ってかゆみ止め塗って。そのうち赤みもひいたので
調子にのって土曜のハングル時事問題クラスの宿題をはじめました。
豪雨への警戒を求めるNHKニュースのハングル翻訳ですが
「『活発な前線の影響で』って前線の活動ってなんだよ~^^::」とか
「ハングルでは単純に『전선』っていうのかしら。
でもこの『前線』= 『정체전선』とは言い切れんしな~」とか
粘着気質なので作業が止まらなくなり、
気がついたら午前3時。

さすがにマズいと床についたら
そこから「かゆさ地獄」。
患部が次々とかわり、蚊に刺されたようにふくれあがり
そのうち上半身だけでなく手足や首、耳にまで広がり
鏡でみたら…もはや「仮面ライダーアマゾン」的状況…

仮面ライダー レジェンドライダーシリーズ26 仮面ライダーアマゾン 

【イメージ】仮面ライダーアマゾンさん。ちっちゃすぎだ…

幸い?飼い主Bは出張中なので
地獄の一夜を仮面ライダーアマゾンですごし
朝いちばんで皮膚科を受診しました。

sweat01sweat01sweat01

お医者さんによると、食べ物か疲労が原因だろうとのこと。
でも別に、夜更かし以外に疲労のあてはなく。
2,3日は安静、禁酒を強くいわれたので、
仮面ライダーアマゾンは楽しみにしていた授業も欠席し、
授業代を稼ぐために入れていた仕事もキャンセルし
週末は完全休養、です。

ただね。
「何か食べ慣れないもの、食べなかった?」と聞かれたとき
ちょっと思い当たるフシが、あったんですよね。
昨日のお昼、初めてカップラーミョンの辛ラーメンを食べたんだけど…

まさか、ねぇ。ㅋㅋㅋ










声かけてくれるの、待ってる♪

本日はお休みsun(そして明日は出勤日rain

小学生の下校時刻に、みいざる先生ご要望の「地域パトロール」
(って、要は家の周りリードつけて歩くだけですが^^;;)を行いました。
道路に面した駐車場で、みいざる先生はコロコロ転がったり、通行人を眺めたり。
そんなみいざると一緒に、私もぼ~っと道ゆく人を眺める。

小学生3、4年生って、男子と女子でずいぶんと雰囲気が違うもんですね。
数人で帰る男子は子犬がじゃれてるのに等しく
ランドセル引っ張ったり物まねしたり、と落ち着かない。
それにくらべて女子は、おばさんの目には殆どAKB48と同年代にみえるほど。

下校の集団がいくつか通り過ぎた後で、ちょっと太めで色白、内股の男の子が
ひとりやってきました。
石を蹴り、草を引っこ抜きして歩く様は少しつまんなそう。
でも、みいざるを見つけて、にっこり笑って近寄ってくる。
どうやら私の姿は愛車シゲオに隠れて見えないようです。
驚かしてもなんなので、なにげなぁく立ち上がりました。
内股少年、すでにみいざるに向かって手を伸ばしかけており
絵に描いたような
「ハッ!」という表情。ほいでもって
「…こんにちわ」と挨拶をするのでした。
まぁ、よい子だこと。

「猫好きなの?」と声をかけると
「はい。でも、うちではかっちゃだめ、っていわれてるから」
と内股くん。
内股くんの気弱そうな様子が気に入ったのか、みいざる先生も彼に近寄ります。
私はみいざるを抱き上げ、「さわってみる?」と尋ねると
こっくりうなずいて、おそるおそる、みいざるの頭にふれます。
「…のどをさわると、ゴロゴロするのは、しってる。」
まるで独り言みたいに、そんなことを言う内股くん。

あんまりみいざると離れがたそうだったので
「また声かけてくれたら、さわらせてあげるよ」と伝えました。
内股くんは2,3秒沈黙し

「『声かける』って、どうしたらいいんっすか?」

そっか~。声かける、って、小学生、使わないのか(笑)

「私が今日みたい猫と外にいて、そのとき君が今日みたいに通りがかって
『ねこさわりたい』って話しかけてくれたら、さわれるってこと。」
かみ砕いて説明したつもりだけれど、内股くんにちゃんと伝わったかしら?
ともかくも小さくお辞儀して、彼は去っていきました。

こういうみっつの色の猫は「みけねこ」といってね
でもそれは種類のことで
この猫には名前があるんだよ。
「みいざる」っていうんだけど、もうおばあちゃんの猫だから
私は尊敬する意味で「みいざる先生」って呼んでるの。

…と。今度彼に声かけられたら、教えてあげよっかな。

003
「きょうもまたひとり、私の魅力にメロメロになった男子が」
(みいざる)

家の中の、きけん

sun

この数日間、珍しく早寝早起きを励行していたら
風邪はほぼ完治致しましたnote
回復度に応じて、宵っ張り率、寝坊率も上がるので^^;;
けさ目覚めたら、私の周りは猫サファリパークcat


ベッドの私を見下ろすように、みいざる先生が…

Img_2545_3

「ねぇ…いいかげんにしたら?」(みいざる)

カーテンの向こう、裏庭には、庭猫凸が…

Img_3250
「待ちくたびれて腹なめちゃうぜ、オレ」(凸)

我が家でいちばん幼いむうざるは…

Img_6500
「………。」(むうざる)

今思えば、このむうざるの表情には
今日の悪事を予感させる風情がdashdashdash

night

数時間後。大残業して帰宅すると、家中異臭です。
アルコールのような、ベンジンのような、灯油のような鼻につく匂い。
匂いの元をたどると、トイレのドアが薄く開いていました。
ほいでもって、トイレの小窓脇に飾っていたガリレオ温度計
粉々になって床に散乱しています。

ガリレオ温度計っていうのは、う~ん、説明しづらい^^;;
ガラス管に満たされた液体に、温度を示す色とりどりのガラス玉が浮いていて
その浮き沈みで温度をみるもの。
ガリレオが発明したんだそうで、うちのそれは
高さ30㌢ほどの、結構大きいものでした。
それが木っ端みじんになって、床に散らばっている…
しかも現場には、黒い毛のかたまりが残されています。
犯人の毛に違いない!
みいざるは三毛なので、白:茶:黒の割合は2:5:3くらい。
むうざるは白黒なので、白:黒の割合は2:8くらい。

犯人確定down

087
ザ・犯人(笑)

ガラスの破片を片づけるより難儀だったのは、漏れた液体の始末。
匂いは強いし、質感は油に近く、なかなか吸い取りづらい。
やっと掃除しおえて、なんとなく、のつもりで液体をネット検索してびっくり。
商品テストで有名な、国民生活センターで、
「ガリレオ温度計が割れて化学やけど」というページが設けられてました。
液体には石油系ドライクリーニング溶剤や灯油の成分が入っているものが多く、
幼児が液体を浴びてやけどした例まで載ってます…ううう。

あわてて、むうざるを身体検査し、異常なしの結論が出たのが2時間前。

やれやれ。今まで他の危険にばかり気が向いていたけれど
家の中も、気をつけなきゃだわ。まったくsweat01



 

より以前の記事一覧

2015年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

わたしの本棚

  • 「韓国語本」はトライした順に


よろしければ、ポチっと…

열공!!!한국어

無料ブログはココログ