フォト

カテゴリー

otennki

« 2013年8月7日 | トップページ | 2013年8月11日 »

クデマン イッタミョン

8月10日(土)

みいざるは特に苦しそうでもなく、かといって眠るでもなく、静かに体を横たえています。
たべものはもう「いらない」そうで、お水を飲むこととトイレに行くことが一日のしごと。
旅立つ準備を始めているのかな、と思います。

韓国の「路上詩人」イ・ヨンハンさんが、のらねこたちの姿を何冊かのエッセイにしていて
その中に、地域で「元祖のらちゃん」と呼ばれているボス猫最期が綴られていました。
野良生活で、めったにない病気に感染したボス猫・パラミを救助したものの
諸般の事情で看取れないため、詩人は猫シェルターの女性に彼を託します。
最期が近くなったとき、女性は詩人にこう、電話をくれます。
「パラミが、出かける準備をしてるみたいです。」

これを読んだとき、いいなぁ、こういうふうに猫の頑張りを「準備してるみたい」と
冷静に受け止めたいなぁ、と思ったものでした。
が。実際は難しいなぁ(苦笑)。事前の覚悟など役に立たないことを、
みいざる先生は身をもって教えてくださっています。韓国留学、いってなくてよかった。

頭の中ではずっと、
ラブホリックの그대만 있다면(クデマン イッタミョン)の歌詞がこだましており。
それはあまりに未練たらたらで。
「このまま私のそばにいて」か。「私をおいて、いかないで」か。
「世界のすべてをなくしてもいいの。君さえいれば」か…。
こういうとき、韓国語の歌詞はなにか、ストレートで救われるなぁ。
日本語じゃないから、うたっててもみいざるに
「やだ、そんざる未練たらたら」って心配かける必要ないし(苦笑)


Image2027621_2
          お散歩に通った裏山。いまのみいは、このベンチをしずかに、眺めてます。
                                                  (2009年4月)


なかまと、おみまい

8月9日(金)

みいざる先生は、さまざまなマイブームを経て、お水しかのまないようになりました。
何にせよ、無理強いはしたくないので、みいざるのテンポにあわせています。
幸い、私も何もすることのない身。ひたすらお仕えする毎日。

いつもお世話になっているキャットシッターさんが、お見舞いにきてくださいました。
みいざるは、それまで寝たきり状態だったのに、
頭を起こして二回、「にゃ~」「にゃ~」とご挨拶。さすが、礼儀正しい。
21世紀生まれと違って、20世紀に生を受けたみいざるは基本ができているのだ。

シッターさんと、さまざまなお話をして、とても、気持ちが楽になりました。
こういうおつきあいがあることはまさに、猫縁です。

あきれるほどに暑い夜。今も外で蝉が鳴いています。
そういえば。1週間以上前、みいざる先生は21世紀猫といっしょに、
庭の外を眺めてたっけ。

Img_7417_2

そう。21世紀猫・凸郎さん(4)と2ショット。ちなみに外にいるのは凸の元カノ、りえちゃん

« 2013年8月7日 | トップページ | 2013年8月11日 »

2015年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

わたしの本棚

  • 「韓国語本」はトライした順に


よろしければ、ポチっと…

열공!!!한국어

無料ブログはココログ