フォト

カテゴリー

otennki

« 2011年4月22日 | トップページ | 2011年5月13日 »

声かけてくれるの、待ってる♪

本日はお休みsun(そして明日は出勤日rain

小学生の下校時刻に、みいざる先生ご要望の「地域パトロール」
(って、要は家の周りリードつけて歩くだけですが^^;;)を行いました。
道路に面した駐車場で、みいざる先生はコロコロ転がったり、通行人を眺めたり。
そんなみいざると一緒に、私もぼ~っと道ゆく人を眺める。

小学生3、4年生って、男子と女子でずいぶんと雰囲気が違うもんですね。
数人で帰る男子は子犬がじゃれてるのに等しく
ランドセル引っ張ったり物まねしたり、と落ち着かない。
それにくらべて女子は、おばさんの目には殆どAKB48と同年代にみえるほど。

下校の集団がいくつか通り過ぎた後で、ちょっと太めで色白、内股の男の子が
ひとりやってきました。
石を蹴り、草を引っこ抜きして歩く様は少しつまんなそう。
でも、みいざるを見つけて、にっこり笑って近寄ってくる。
どうやら私の姿は愛車シゲオに隠れて見えないようです。
驚かしてもなんなので、なにげなぁく立ち上がりました。
内股少年、すでにみいざるに向かって手を伸ばしかけており
絵に描いたような
「ハッ!」という表情。ほいでもって
「…こんにちわ」と挨拶をするのでした。
まぁ、よい子だこと。

「猫好きなの?」と声をかけると
「はい。でも、うちではかっちゃだめ、っていわれてるから」
と内股くん。
内股くんの気弱そうな様子が気に入ったのか、みいざる先生も彼に近寄ります。
私はみいざるを抱き上げ、「さわってみる?」と尋ねると
こっくりうなずいて、おそるおそる、みいざるの頭にふれます。
「…のどをさわると、ゴロゴロするのは、しってる。」
まるで独り言みたいに、そんなことを言う内股くん。

あんまりみいざると離れがたそうだったので
「また声かけてくれたら、さわらせてあげるよ」と伝えました。
内股くんは2,3秒沈黙し

「『声かける』って、どうしたらいいんっすか?」

そっか~。声かける、って、小学生、使わないのか(笑)

「私が今日みたい猫と外にいて、そのとき君が今日みたいに通りがかって
『ねこさわりたい』って話しかけてくれたら、さわれるってこと。」
かみ砕いて説明したつもりだけれど、内股くんにちゃんと伝わったかしら?
ともかくも小さくお辞儀して、彼は去っていきました。

こういうみっつの色の猫は「みけねこ」といってね
でもそれは種類のことで
この猫には名前があるんだよ。
「みいざる」っていうんだけど、もうおばあちゃんの猫だから
私は尊敬する意味で「みいざる先生」って呼んでるの。

…と。今度彼に声かけられたら、教えてあげよっかな。

003
「きょうもまたひとり、私の魅力にメロメロになった男子が」
(みいざる)

« 2011年4月22日 | トップページ | 2011年5月13日 »

2015年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

わたしの本棚

  • 「韓国語本」はトライした順に


よろしければ、ポチっと…

열공!!!한국어

無料ブログはココログ