フォト

カテゴリー

otennki

« 2011年4月5日 | トップページ | 2011年4月17日 »

とほほな、ソーシャルワーカー

震災から、一ヶ月が過ぎてしまいました。
この間、震災前とは比べものにならないほど、外部からの情報を取り込んでいます。
が、情報は溢れているのに、心持ちはあまりかわっておらず。
変わってはいない、というのは違うかな。「慣れ」てしまったのかもしれない。
阪神淡路大震災を超える震度の余震を受け止め
恐ろしげもなく「何万倍」と発表される数値を聞き流し
それでも生きていかなければならないので、
今日は何食べようとか、朝夕は寒いから何を着ていこうとか
さして驚きもせずに、日々を送っています。
人の気持ちというのは、怖いものですね。

それでもいくつか、どうにも引っかかることは残ります。

1ヶ月を目処にしたように「復興」という言葉が飛び交うこと。
被災地の人にとって、この話は少し早過ぎやしないか、と思う。
避難所でプライバシーもなく、亡くした人を十分に悼んだり、泣いたりする
空間的、時間的余裕もないはず。
特に生き残った人の場合、衣食住に最低限の安定が見いだせると
自分が残ってしまった罪悪感、見捨ててしまった後悔が頭をもたげてくる時期だと
物の本には書いてあります。
そういう人々に「復興」「明日」という言葉は
いつまでも打ちひしがれているんじゃない、と聞こえるのではなかろうかと。
もちろん、ソーリダイジンとかセーフとかの人はしっかり考えてはほしいのだけれど
だからって「この機会に世界に誇れる都市を創る」だの
「復旧ではなく、全く新しいまちづくりを」だのを声高に叫ぶのは
過去を切り捨ててしまえ、と言われているのと同義ではない?
被災した人々は、新しいことなど求めていない
3.11より前に戻してほしい。きっと、その思いだけだと思う。
少なくとも私なら、そう思う。
新しくて素敵な街、世界に誇れるエコな東北なんていらないから
時計を巻き戻してくれ、と。それが無理なら、限りなく3.11前に近いところに
戻してくれ、と。
威勢のいいことをいう人ほど、当事者から遠いところにいるひとたち、なものです。
被災した人が、十分に悲しめる時間は
心理学的にも、ソーシャルワークの観点からも不可欠、っつうのが前提なのに。
仮設住宅での孤独死が問題となった阪神淡路大震災に、なんも学んでない気がする。

新学期が始まってからの新聞記事で。
被災地に限らず、学校では「子どもの心のケアのため」
あえて地震や津波の話をしない教師が多いのだとか。
臨床心理士とも話したのですが、これは全く逆の対応。
子どもは大人が考えるより深く深く思考し、その扱いに苦慮している。
だから、絵を描かせたり作文をつづったりしてもらい、
その上で思ったこと、感じた不安をはき出させて
「無力な自分」という気持ちを取り除くほうに、大人は動くべきなのに。
むぁったく、逆。笑っちゃうほど逆。
大人が話振らないで、より奥深くに沈めててどうするよ^^;;
先生に、自信がないからなんだろうなぁ。…なんだかなぁ。

同じ新学期を巡って。
とある中学校の卒業式で、卒業生の親である東電社員に他のPTAが
「卒業式なんか来てないで今すぐ福島行け」と詰め寄った、という話を聞きました。
他方、福島から転入した子どもが、「放射能がうつる」と言われたというニュースも
世間を騒がせています。
大人がこれだもの。子どもの世界は如実に激しく、揺すぶられてしまう。
弱いところ、剥き出しなところに、一番差別というのは巣くうものなのですね。

こんなことを思いながら、でも自分ではせいぜい支援物資を送るだのくらいしか
できることは思いつかず。
仕事を休んでどっぷり現場に入りたいけれど、衣食住を全て自力で賄うボランティアは
なかなかハードルが高い…。
そもそも、計画停電やらなんやらで、業務は倍になりつつあり。
「ボランティアで休む」なんていったら「ボランティアで働いてくれ」と言われかねない。
ううう。

とりあえずできることとして。
被災地と、避難を求められている地には支援物資を送る。
くだらない買い占めと、根拠ゼロの差別には与しない。
自分のテリトリーの子どもには積極的に震災の傷を共有する仕事をする。

それくらい、なんだよな…できることって。

とほほ。



Cocolog_oekaki_2011_04_15_02_10









« 2011年4月5日 | トップページ | 2011年4月17日 »

2015年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

わたしの本棚

  • 「韓国語本」はトライした順に


よろしければ、ポチっと…

열공!!!한국어

無料ブログはココログ