フォト

カテゴリー

otennki

« 2010年7月24日 | トップページ | 2010年8月2日 »

「リアル」を探して

学校は夏休みに入ったとか。この時期は例年、大忙しです。
子どもが休暇に入ったことで、結婚やら離婚やら、就職やら退職やら
もろもろ悩まれる方が相談をくれる、ということで。
が、この夏が少し様相が違い。
10代、20代を前にして、私の頭の中は「リアル」という言葉がくるくるしてます。

電車に乗れば、乗客の半数以上が携帯端末の画面に見入っている光景が当たり前なので
人と出会ったり、そこからなにがしかの関係が生まれることは不思議ではないことです。
(自分も車中ではipodアジュンマなわけですが(*^.^*))
私だって、ブログを通じて実人生では出会えなかったであろう人とのやりとりに
顔を知った友人とは別の交流を見つけているし。
ですが、この夏、私が耳を傾けなければならない話は、どれもがはげしくバーチャルな世界。
中学生や高校生の女生徒が、ネットの中で男性と出会う。
彼のプロフィールはどこまでが本当か、わからない。少なくとも「おばさん」の私からすると、思わず眉に唾つけちゃうような、不思議なプロフィールです。
そんな彼と実際に会い、恋人関係になり、でもある日突然「難病になったから」とか「足を切断することになったから」とか「身内が自殺したから」とか、ひどく大きな身辺の変化を理由に連絡が絶たれてしまう。
彼女の元には、妊娠という「リアル」だけが残ってしまう。
そんな話が、引きも切りません。

話を聞かせてくれる彼女達が生きる現実は、総じて過酷です。
家庭環境も、置かれている状況も。おそらく、どこかに逃げ場を探さないと息が詰まってしまうような毎日なのでしょう。それは痛いほどわかります。
砂糖菓子のように甘くてもろい物語を携帯の中に見つけたら、私だってあらがえないかもしれない。なので、「だから携帯は悪い!」とか「ネットは怖い!気をつけよう」と声高に叫ぶ気はありません。

ただ、ね。ほんの息抜きのはずが。自分を慰めてくれる場を見つけたはずが。
より重い現実を背負わされて、いっそう救いがなくなるデフレスパイラルに
ときどき深い深い溜息をつきたくなる。
技術が進んでいっても、そこに人の人生がおいついていかなくなる、
下手すると、技術に人生が振り回されてしまう。
仕事ですから、使えるサービス、使える支援を探すのですが
そんなことは小手先ではないかと不安になります。
根本的なところで、なにかが大きく動いてしまっている感じがして、こわくなります。

生まれたときから洗濯機もテレビもあった私を、もしかしたら祖父母の世代の大人は「ラクな時代に生まれた子ども達」と思っていたのかもしれない。
バブルを通過した私の世代は、戦前戦中世代からすれば、大甘な若者に見えたかもしれない。
同じような目線で、生まれたときから携帯もネットもある世代に、違和感を感じているだけかもしれません。
ただ、洗濯機とネットの一番の違いは、後者が形のないもの、情報や感情が流通するツールだということでしょう。人生の途中でパソコンやらなんやらに出会ったら「こんなもんか」ってなもんですが、そうじゃないわけだしなぁ。

と、まぁ。
家の中でも熱中症で亡くなる人がでるような異常な夏に、思わず泣き言をもらしてしまう午前2時…

090
「そんなんはいいから、もう寝ようぜ、かあちゃん」
2006年生まれ、思いっきりバーチャル世代のむうざる(笑)

089
「そうよ。あんまりだらだら書くと、また『エッセイスト気取り』って
飼い主Bにいわれちゃうわよ」

1998年生まれ、私と同じ20世紀世代のみいざる先生。顔、怒ってます(笑)

« 2010年7月24日 | トップページ | 2010年8月2日 »

2015年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

わたしの本棚

  • 「韓国語本」はトライした順に


よろしければ、ポチっと…

열공!!!한국어

無料ブログはココログ