フォト

カテゴリー

otennki

« 2009年1月26日 | トップページ | 2009年2月6日 »

わたしたちは、ガールフレンズ

「帰ったら今日こそちゃんと韓国語やろう…

 なんとしてもやろう…1ぺージだけでもやろう…」

 

と。少なくとも21時半まではそう思っていました。わが職場で。

 

でも、今日はムリだ~っ!仕事でへとへとだ~っ!

 

韓国語の神様、ゆるして。(そーいうのがいれば、ですが^^;;)

「あした」に先送りする、いつもの悪い癖

 

 

 

実は

来月の13日から16日まで、ソウルに行く予定になっております。

数年前の韓国研修で通訳を務めてくれたO嬢の華燭の典が

バレンタインデーに韓国で執り行われる、ということで

彼女の「オンニ」としてはこれはいくべき!と心に決め。

韓国の結婚式は出入り自由という話もきいたので

韓国語教室の仲間にも声をかけ、せっかけだから参列しようと勝手に目論んでおり。

 

が。その挙式は、なくなったんだそうです…。

月曜に突然のメールで知らされました。

虚しくも、ツアーで申し込んだ予定の計画だけが生き残ってます^^;;。

 

一時帰国しているO嬢から、明日詳しい事情を聞く予定ですが

小さくはない決断ですから、きっといろいろあったのでしょう。

「結婚」ということを、とても大切に考えているO嬢のこと。

またげっそりと痩せてしまっているかもしれない。

スケジュールからっぽになった私の韓国旅行の件はこれまた脇においておき

じっくり話をきこうじゃないか。私の数少ない女友達だからな。

 

 

 

 

自分が女性だから、男性側の事情はよくわからないのですが。

女同士だと、結婚とか出産とか親の介護とかで始終友だちづきあいが変質します。

数年前までは一緒に浴びるほど飲んでた夜型の友だちが

夜8時にはベビーと寝ちゃう朝型人間になってたり

メールで頻繁に連絡とりあってたのに

「いまじゃ週1回パソコン立ち上げるかどうかなのよ」と言われたり。

一方で、大して親しくなかった女性が

同じ環境で近い悩みを持っているということで、急に友だちに浮上したりもします。

 

パートナーとの新しい生活にいろいろな夢を語っていたO嬢なので

妻となった彼女が、私にとってどんな存在になるのか

わくわくするような気分もあったのだけど。

 

 

不幸に、呑み込まれていないといいなぁ。

 

 

 

とか思いながら職場で相も変わらず人生劇場の職場でたらたら業務をしていると

数年連絡をとってなかった女友達からのメールが。

 

「げんき?久しぶりに例の3人で食事しましょうよ。

 私は身辺になんの変化もなく、元気にやっとります(笑)」

 

というような内容で。速攻予定を合わせ、夕食会をすることになりました。

「身辺になんの変化もなく」と、わざわざ2行目に入れてくるあたりさすが(笑)。

とりあえず、結婚も離婚も親の介護の心配もしていない、という状況のようで。

大きな波にさらされる時もあれば

いつもと同じ海にちゃぷんちゃぷん浮かんでいるだけの時もあり。

そういううねりが繰り返して、人生になるわけね。

 

と、人生語っている暇があったら、やっぱり韓国語勉強すればいいんだけど^^;;;

使うアテもなく趣味でやる勉強にときどきむなしさも感じますが

それもまた。私の一生の一コマなんだろうし。

 

O嬢には、お日様がさんさんさすようなティルームで

身辺変わらぬ女友達とは、煙がもうもう立ち上る韓国焼肉店で

それぞれ会う予定です。

 

 

 

 

 

<おまけ>

 

そういえば、うちには私以外にも女子がふたり、いたっけな…。

 

 




« 2009年1月26日 | トップページ | 2009年2月6日 »

2015年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

わたしの本棚

  • 「韓国語本」はトライした順に


よろしければ、ポチっと…

열공!!!한국어

無料ブログはココログ