フォト

カテゴリー

otennki

« 2008年11月5日 | トップページ | 2008年11月23日 »

話かけ虫の反省

突然ですが、今週の木曜からソウルに出かけることになりました。

ロッテホテル2泊+航空チケット=31000円(燃料代等は、別ですが)

という、ロッテの抽選よりある意味お得なツアーを見つけ。

久しぶりに、実母ヨシコちゃん(本人の希望により敬称略さず)と

ソウルの街を堪能しようと。

 

 

で。

本日は諸々の休みをとって

故郷から上京してくるヨシコちゃんを出迎えに、東京駅へと向かいました。

 

乗り込んだ電車で、たまたま隣り合わせたのは

大きなスーツケースを1つずつ抱えたアジア系カップル。

乗り込む乗客が増え始めると、男性が傷一つ無い銀色の指輪を2つ、おもむろにとりだし

自分の左手薬指にはめた後、女性の左手にもはめてあげています。

女性が何度も取り出しては確認するガイドブックには

ハングルで「ラブ・トーキョー トーキョーパーフェクトガイド」の文字。

路線図の「原宿」「代官山」にはピンクのマーカーがひかれ

余白部分に

「おみやげ お姑さん…○○ お母さん…△△ ・・・」

と、やはりハングルで箇条書きされているのでした。

 

はは~ん、これは、新婚旅行heart04

ハングルの文字を盗み見、ハングルの会話を聞いていると

なんだかむずむずしてしまう、韓国語学習者の私。

でもね、今思えば、これがよくない虫だったのです。

 

電車が川崎を過ぎたとき、男性が「カ・ワ・サ・キ」と言い

まもなく、カップルは小声で何事か相談し始めました。

どうも乗り換え駅で悩んでいるらしい。

よくない虫を抱えた私は、意を決して、本当に意を決して話しかけたのでした。

 

 

ふたりはやはり、新婚旅行だったのだそうです。

昨夜は箱根の温泉に1泊。でも、日本の温泉旅館はとっても高く

だから1泊でがまんしたのだそう。

「日本人は親切で、とてもいい思い出がつくれて。

 新婚旅行に東京はどうかと迷ったけれど

 彼女が東京の街が好きだったのできたのですが、よかった」と彼。

新妻の彼女は私に

「韓国には何度行ったことがありますか」と聞き

問われるままに私も

「数回ありますけど、実は今度の木曜日、母といくんですよ、ソウルへ」

などと、調子こいて話をし。

じゃあソウルに来たら連絡ください、私はダナキャランの海外事業部で

オフィスはソウルですよ~とか言われている間に電車はまもなく品川駅に到着するところでした。

 

 

さて、本題。

 

カップルは乗換駅で悩んでおり、それは今夜投宿予定の新橋駅には

どこで乗り換えしたらいいか、ということであり。

品川駅で列車のドアが開き始めると、ふたりは

「ここで乗り換えですよね?私たち。じゃあ、ここで降ります。」

と立ち上がり、私も

「どうぞ気をつけて言ってくださいね。さよなら~」

って、見送ったのですが。

 

 

ちょっとまてっpaper

 

 

私が乗ってたのは、東海道線。

東海道線の停車駅は、品川・新橋・東京。

そう、新橋駅は、品川駅の次の駅。

 

つまり。

本来私が、一応日本の鉄道しってる私が、言わなければならなかったことは

 

「いやいや、乗り換えせずに、ただ乗っていれば、次の駅が新橋ですよ~」

 

ってことだったはず。

 

 

一人一つ。大きなスーツケースを抱えるようにして品川に降り立った二人の後ろ姿が

今も脳裏にやきついており。

ああ…

ごめんなさい、ダナキャラン海外事業部のキム・ジナさん。

 

 


すっかり落ち込む飼い主A。心の在りようは、ムンクの叫び状態

 

 

 

実は今度の旅行、自分のハングルにすごぉく、自信がなく。

もともと語学力はないのですが

それに加えてなにか、「いったろやないけ」的な気負いが薄く。

なもので、ボルテージを高めるべく

新婚カップルに会話を切り出し、あげくのはてになんの役にも立ってない、

というか、誤報をそのままにしてる、私。

 

だめだ、こりゃ。

 

 

そんなわけで。

木曜から2泊、おでかけしてまいります、ソウルへ。

名刺をくれたキム・ジナさんに

明日お詫びのメール、おくっとこ…

 

 

 

« 2008年11月5日 | トップページ | 2008年11月23日 »

2015年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

わたしの本棚

  • 「韓国語本」はトライした順に


よろしければ、ポチっと…

열공!!!한국어

無料ブログはココログ