フォト

カテゴリー

otennki

« 小さなわが家の大きなドラマ | トップページ | 発覚する新事実 »

憂鬱な週末

少し、困ったことになりました。

 

 

先日、尿道結石という持病が発覚した

わが家の二匹目の猫・むうざる。

診断された日の夜から、今度はくしゃみをし始め

昨夜に至っては、真夜中にひっきりなしにくしゃみをし。

もともとピンクの鼻が、前足でこすりすぎるためか真っ赤になるほどで…。

 

きょう、再び主治医の先生のところで診てもらうと

どうやらストレスから風邪もひいてしまったようです。

あの日。

尿検査のためにカテーテルを入れられたことが堪えたのか。

尿道結石の症状から誘発されたものなのか。

今は錠剤を飲ませていますが

自分のゲージではなくクローゼットの奥に引きこもり

むうざるが大好きなハタキで呼んでみても

顔を少しあげて「いま、そういうきもちに、なれない」という表情をするだけ。

 

 

困ったことに、なりました。

 

 

実は飼い主Bが、明日から2ヶ月ほど出張で海外に行く予定です。

わたしの方は、というと

この連休、韓国語教室のメンバーと初めてのメンバーシップトレーニング、MTで

泊まりがけの外出をする計画をたてています。

 

夫が留守の間に遊びほうけるというのもなんなのですが

このMT企画は我がクラスの3年越しの悲願であり。

先月末から、文字通り指折り数えて待っていたイベントであります。

 

むうざるは以前、風邪をこじらせてひどい状況になったことがあり

今回もまた、ひょっとするとひょっとするかも、というのがお医者様の見立てです。

と、なれば。

週末までむうざるの「元気なしざる」状態が続くようであれば

飼い主の責任として、見守ってやらなくてはならない。MT、欠席してでも。

 

 

 

…はぁ。困ったなぁ。

 

 

 

むうざるの様子が気になってひとりそわそわしていると

ふくらはぎのあたりで、やわらかい毛の感触が。

わたしの気持ちを知ってか知らずか

みいざるは、ゆっくり8の字を描いて回った後で私の足下に寄り添い

じっとこちらを見上げていました。

少し退屈してるように、少し同情するように、少し、心配するように。

 

 

飼い主Bが出発したら、明日はきみがうちの大黒柱だ、みいざる。

 

 

 
 
過敏になりすぎ、かもしれないけれど。
もはや彼女らは家族なので
こういうことが起きると、私は自分でも情けないほど動揺してしまいます…。
 
 
 
とにもかくにも。
 
飼い主Bがいなくなっても
ちゃんとむうざるに1日2回お薬飲ませて
心配しすぎないで
みいざる先生にも配慮して。
 
がんばらなくちゃ…ふぁいてぃん、わたし。
 
 
 

 


« 小さなわが家の大きなドラマ | トップページ | 発覚する新事実 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 小さなわが家の大きなドラマ | トップページ | 発覚する新事実 »

2015年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

わたしの本棚

  • 「韓国語本」はトライした順に


よろしければ、ポチっと…

열공!!!한국어

無料ブログはココログ