フォト

カテゴリー

otennki

« 発覚する新事実 | トップページ | 恋の置き土産? »

ひとりを楽しめ…ない夏

飼い主B

長期の海外出張に発ってはや1週間。

光陰矢のごとし、少年老いやすく学成りがたし、みいむう太りやすし(笑)

 

 

catcatcat

 

 

せっかく

ひとりの時間なのだから

まぁ出来る限り充実させた方がいいのだろうと思い。

最近はもっぱら、読書三昧。

興じれば会社帰りにファーストフード店に立ち寄り

ハンバーガーかじりながら専門書を読みふけりたくもなり。

 

夜のハンバーガーショップで、オーダーをとる中年女性の店員が

酔っぱらいのサラリーマンに絡まれている。

「おばちゃんさぁ、とろいんだよ。ダッシュだよ、ダッシュ」

サラリーマンはネクタイをズボンのポケットに突っ込み、酒臭い息を吐きながら

なぜかシェイクを15個も注文している。

「ダッシュ、ダッシュ。はい、あと7個ね。おばちゃん、ダッシュよぉ、ダッシュ」

などと言いながら、脇に立つ同僚と、判断が遅い上司の悪口を言い募ってもいて。

「だいたいさぁ、あいつ配慮?配慮ってもんがねぇんだよ。

 あんなんじゃさ、人の上、立てねぇっつ~の」

 

…それは、おまえだろ。

 

呪詛の言葉を危うく音にしそうになり、グッと押し黙る。

おばちゃんと呼ばれた女性店員は、鼻の頭に汗を浮かべながら

どうにかシェイクを15個、そろえることができ。

 

 

nightnightnight

 

 

嫌なモノみたなぁ、と思いながら帰りの電車に乗り込めば

座席のわずかな空席めがけて、10代とおぼしき薄着の女性が猛ダッシュ。

彼女に思い切り体当たりされ、白髪のおじいさんがよろめいたのにはもちろん気づいてない様子。

座り込むなり携帯を広げ、一生懸命にメールを打っており。

彼女は一駅で降りたけれど、おじいさんは私が降りた5つ目の駅まで

夜の車窓をうつろな目で眺めており。

 

誰もがいらいらとする灼熱の今日この頃。

それはわかるんだけどね。

 

 

bombbombbomb

 

 

おばさん店員に苛つくサラリーマンは、今日「判断の遅い」上司に

理不尽な叱責を受けたのかもしれず。

電車の座席で猛然とメールを打つ薄着女性は、身内の不幸かなんかがあって

とりあえず心を落ち着け、連絡をとる必要があったやもしれず。

そう思ってはみるのですが。

なんでしょう、この、みな自分の半径5メートルしか見えていないような状況は。

 

…まずいなぁ、苛つく人々に、自分まで苛ついてしまう。

 

 

nightnightnight

 

 

ちなみに。

私がマクドナルドでまずいハンバーガーかじってでも読み込みたいと思った本は

韓国人の日本研究者が、日韓の様々な問題について非常に平らかな目で

書きつづったものです。

自分が所属する何かに縛られず、冷静に広く視野を持て、と叫ぶような本。

そんな本を読んでいるかたわらで

何かどんどん、他者への目線など失われているような灼熱の7月。

 

なんだかなぁ。わたしが暗いのかなぁ。

 

 

 

 

 

 

すでにビール2缶開けているので、今日は暗いままの日記で、失礼します…。

 

 

 


こういうとき、家に動物がいるとなんだかホッとします。平常心に戻れる、というか…

« 発覚する新事実 | トップページ | 恋の置き土産? »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 発覚する新事実 | トップページ | 恋の置き土産? »

2015年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

わたしの本棚

  • 「韓国語本」はトライした順に


よろしければ、ポチっと…

열공!!!한국어

無料ブログはココログ