フォト

カテゴリー

otennki

« 2008年4月14日 | トップページ | 2008年4月22日 »

「施主確認」前夜に

1つ 終わるたびに次のお題が立ち現れるリフォーム工事も

ついに4月20日、引き渡しとなりました。

明日は「施主確認」なる日。

ここまでの工事の出来で不満点があれば、最後の1日で突貫工事するという(笑)

まさに最終盤であります。

 

そんなわけで。本日、家族全員で

 

 

「ビフォーアフター」ちぇ~っく!

 

 

奥がキッチン。以前和室だったところを一体化しました。
柱が抜けないところは、X型に交差して一体化断念。
 
 
 
二枚のドアの取っ手は、私がまんまとT嬢にだまされ
山まで枝狩りにいった案件。
ですが結局、生木は使えないことがわかり、
急遽SOSを出したのが、飼い主Bの父君です。
お義父さんは、木工で椅子やテーブルを作る達人。
そこでハンドルに適した材をおくってもらい
建具屋さんに頭をさげて、このように仕上げました。
 

 

ほどよく乾燥させ、丁寧に仕上げられた木材でした。
世界にいっこしかない、ハンドルです^^
 
 
 
もともと 今回お願いした建築会社は
おととしの夏に猫棚設置をお願いした、無垢板加工を得意としている会社です。
2年前、せっかく仕上げてもらった猫棚は捨てるのにおしいので
6分割にし、いろいろに再利用しました。

 

リビング上部のはめころし窓から、みいむうが外を眺められるように。
でもみいざるに、上の棚はきびしいかも…^^;;
 
 
 
6分割の残り4個は、キッチン側の棚と、窓枠下にはめ込みました。
キッチンの窓辺でパセリを育てる、というのが
実は、結婚したころからの夢だったもんで。
日あたりの悪い立地なので、しょせん夢でおわりかも、ですが(笑)

ちなみに、ピンクのてんてん部分が、先日お伝えした定礎です。
ほんとに、わたしの自己満足^^;;
 
 
 
さて。
この部屋にうちのにゃんこがどう入れるかというと
ドア下につけた「猫ドア」がその通路になります。
が、建具屋さんは過去に何度も「ペットが通ってくれない猫ドア」を作った実績のある方。
猫の性格で、どんなに重いドアでも通っちゃう輩もいれば
どんなに薄い境目でも及び腰になる子もいるそうで。
そんなわけで、この間ずぅっと建具屋さんは心配してたのですが…
 
この難関を、 あいつ が突破しました。
 
 
 
↓↓↓

のぞいているのは、みいざる先生。
いやぁ、あなたはおなかがねぇ…じゃまざんしょ?

おお、さすがみいざる!ちょっと惚れ直しました。
 
 
 
 
 
飼い主予想では、通過候補最有力だったむうざるは…。
この通り。
 
↓↓↓

透明のしきり板ごしに、涙目で内部を眺めるむうざる
 
 
 
事前確認は、数カ所気になるポイントをみつけ。
とりあえず明日の施主確認で相談する予定です。
飼い主同士の意見は固まっていますが、
さて、にゃんこの立場からはいかがでしょうか?

 




 

ま、いいや^^;; 

みいざる、結論出たら教えてね。

 

さてさて。ちなみに引き渡しの日は例の

 

「白い巨塔」ファンミーティング当日!

 

 

げげげ。どうしよう。なんだかますます、私の愛は

みょんみょん<新しいねこいえ

に傾きつつあります。ううむ…

 

« 2008年4月14日 | トップページ | 2008年4月22日 »

2015年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

わたしの本棚

  • 「韓国語本」はトライした順に


よろしければ、ポチっと…

열공!!!한국어

無料ブログはココログ