フォト

カテゴリー

otennki

« 2008年4月3日 | トップページ | 2008年4月8日 »

インビテーション

昨夜の会社帰り。駅のホームで電車を待っていたら

線路の上にはらはらと散るものがあり。

なごり雪かと思いきや、それは桜の花びら

なんだか私の住む街では

ことしの桜は、こちらの心の準備もないまま咲き始め

気がつけばもう散り始め、です。

季節は着実に、流れているようで

このぶんだと、大晦日はすぐそこだなぁ

(と、気の早い私。トシ、なのね。)

 

 

cherryblossomcherryblossomcherryblossom

 

 

、といえば。

むうざるがわが家にきて、早いもので3度目の春です。

長年、

「親友&親&夫の愛人」

として独自の地位を築いてきたみいざると違い、

むうざるは3年たっても

「おまえはなにがしたいんだ~」という傾向が強く。

なんていうか、普通の猫とは趣味とか好みが違うのではないかと

若干心配になる飼い主暮らしが続いています。

 

そんなわけで。今夜は「むうざる3回目の春」記念

 

にゃんこ部屋訪問!

 

 

cherryblossomcherryblossomcherryblossom

 

 

<昼の部>

 

現在おひるの二匹はクローゼットの中。
収納している毛布は、白、黒、茶色の毛でまみれており…。ううう。

 
 
 
<夜の部>
 
本邦初公開!むうざるの巣でございます。
 

むうざるは、ごはんを食べるとき
なぜか背中の毛を逆立てます。待遇に不満でもあるのか?

 

 
 
このハタキが、むうざるの大好きなもの、でして…。
 
 
そもそも。
わが家のそれぞれの猫に「集合の合図」があります。
呼び寄せたいときそれをシグナルにすれば
確実に猫がやってくる、という音声、あるいは物体、であります。
みいざる先生の場合
①缶詰をたたく音
②散歩時のリードの金具をならす音
この2つで、実に忠実に走ってきます。
 
 
ですがむうざるは、みいざる先生の①と②には全く、
ほんとうにむぁったく、反応しません。
かわりに合図となるのは
どういうわけだか
 
ハタキをばさばささせる音…。
 
 
むうざるを呼び寄せたい、と思うでしょ?
そしたら、エイっとハタキをひとふり。
そうするとね。
むうざるは、たたたたっと走ってきて…
 
走ってきて…

 


 
 
shock
 
 
 
なんでこういう猫なんだか、私はまったくわかりませんが
とりあえず合図は合図として、便利に使っております。
 
 
むうざるが、ハタキひとふりで忠犬のごとく駆け寄る間
みいざる先生は我関せず。
以下のような顔をしてぬぼ~っとしております。
 
 


そういうこやつは、ホットカーペット好き。

ホットカーペットの敷かれている部分を器用に識別し、お顔をつけております。

 

 

ま、いっか。

 

ハタキでもちりとりでも、呼べば集まるならそれでいい。

むうざるよ、やんちゃでもいい、たくましくそだってくれよ。

 

 

 

 

注)ちなみにタイトルの「インビテーション」

  むかぁし、むかぁしの河合奈保子の歌のタイトルでございます。

 「♪ペナントだらけのあなたの部屋に こうして訪れる日がくると思ってた♪」

  ってやつです、はい。

  (今読み返すと、すっごい自意識過剰な歌詞ですね。ははは)

  まさかあれからウン10年後、猫部屋訪問のブログをあげるとは

  私自身、思っておりませんでしたが(笑)

 

 

« 2008年4月3日 | トップページ | 2008年4月8日 »

2015年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

わたしの本棚

  • 「韓国語本」はトライした順に


よろしければ、ポチっと…

열공!!!한국어

無料ブログはココログ