フォト

カテゴリー

otennki

« 2008年3月16日 | トップページ | 2008年3月26日 »

ひみつのドア、から見える世界

きのう、とうとうキッチンが運び込まれた改造中のわが家。

床と天井がとりあえず塞がれたので

今夜はわが家のめす3匹で「リフォーム見学ツアー」を敢行致しました。

 

人間と猫、熟女と娘っこで立ち寄り先がかなり異なるこのツアー。

まずむうざるがどこに直行したかというと…

 

 

①むうざる的リフォームツアー

 

…知るか(笑)
 
 
…キッチンの脚立下に直行。どんな意図があるものやら。
ツアーの最中も落ち着きなく、瞳孔開きっぱなし。
ジャンプにダッシュを繰り返し、殆ど我を失っています(笑)
 

たぶん、君にはいっさい関係ないだろう。パントリーは。
 
coldsweats02coldsweats02coldsweats02
 
 
 
 
一方熟女みいざる先生は、さっそく期待通りのリアクション!
 
 
②みいざる先生的リフォームツアー
 

見事に「伝説の大工」の策にはまるみいざる先生。
この雲形の中にこそ、あとを残したいらしく。

 
みいざる先生の動きはむうざるに比べスローリー。
材質吟味とにおいチェックに余念がありません。
たぷたぷのおなかがじゃまになるだろうに
なんだか一生懸命の姿勢でチェック。
ツアーっていうより、建築確認検査って感じです(笑)
 

ネス湖のネッシーが上下逆になってるような画像ですね。
(ちょっとたとえがわかりづらいなぁ…笑)
頭をかなり下げて、もうおなか窮屈なはずです。みいざる先生。
 
 
 
さてさて。先日、伝説の大工が見本を残していってくれた猫ドア。
その後、伝説の大工のヘルプ終了後も
見本があるというのに
本命大工さんはなかなかとりかかろうとしませんでした。
さては戦意喪失か?と危ぶんでいたのでしたが。
 
「奥さんのイメージって、『トムとジェリー』のジェリーが逃げる穴、でしたよね?
僕、5歳の娘と一緒に見たんですよ、『トムとジェリー』。
そしたらやっぱ、あの見本では『トムとジェリー』にならないんですよね…」
 
やっぱり私の表現が稚拙、あるいは抽象的、あるいは少女趣味
だったのかと
私の方が戦意喪失していたのですが
おとといできあがった猫ドアは…
 
 
猫ドアは…
 
 
 
こんなふうでしたっ!
 
 
↓↓↓
 
 
 

一晩枠木を水につけてU字型にし、さらに小さな破材を中に貼り付けたそう。

 
 
これだけでもイメージ通りなのに、もっと楽しいおまけもありました。
 
↓↓↓


 
 
なんと、猫のあしあと!
고양이의 발자국
(突然韓国語。あまりに感動して、本日個人レッスンで披瀝したくせに、
肝心の「あしあと」が言えずに固まってしまった反省から…。
自主トレです^^;;)
 
 
わざわざ手で彫ってくれたのだそうです。うひょ~。
本命大工、リサーチ力といい表現力といい、あっぱれじゃ。
 
これはね、きっと伝説の大工さんがいるから、なんでしょうね。
まねっこするのは簡単。しれ~っとアイディアもらって
先輩持ち上げとくほうが、なんぼかたやすいはず。
だけれども、だけれども。
本命大工さんは
「自分ならどうするか」ってのを見せるほうを選んだのでしょう。
 
伝説の大工さんの弟子を自認する本命大工さん。
きっとこれは、伝説の大工さんも
「へぇ、やられちゃったな」
ぐらいの賛辞は言ってくれるんじゃぁないでしょうか。
 
 
見習うべき背中がある世界は、うらやましいなぁ。
自分もいっしょに高みをめざせるもんなぁ。
たかが猫ドア、されど猫ドア、ってなもんで
私はなんだか
自分の職業にも通じる「いい話」を体験した気がしてるわけです。
(ほら、根が感動しやすいタイプだから、私…ははは)
 
 
この猫ドア。
ツアー敢行中のみいむうにも興味をそそる観光名所で
「これはなに?どこへつうじてるの?」
二匹とも興味津々だったのですが…
 
 


 

※なにせ猫仕様の多いわが家のリフォーム。

 だのでカテゴリー名も甘ったるい「すい~とほ~む」から変更しました^^

« 2008年3月16日 | トップページ | 2008年3月26日 »

2015年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

わたしの本棚

  • 「韓国語本」はトライした順に


よろしければ、ポチっと…

열공!!!한국어

無料ブログはココログ