フォト

カテゴリー

otennki

« 2008年2月3日 | トップページ | 2008年2月11日 »

モノより、想い出…?

まずは。

 

久しぶりにおひさまぴかぴかsun 時間に散歩を果たした

本日の、みいざる先生です。

 

 


しっぽぶんぶん、ひげ前のめりで 三毛のたぬきと化すみいざる先生(笑)

 

 

 

 

他方。

 

飼い主は、本日もひたすらリフォーム準備。

 

食器棚やらキッチンの奥やらを整理していると

思い出の品が、ひとつ、ふたつ、と出てきます。

どれも、ヒビや欠けで傷ついたものの、

その思い出の深さに捨てられなかった品です。

 

 

↓↓↓

 
 
白いかえる型の灰皿は、飼い主Bと旅先で求めたもの。
何重にもくるんで、大切に手荷物で運んだのに
うっかり割ってしまったのでした。
蓮の葉の上で大きな口をあけているかえるに申し訳なく
食器棚の奥にしまい込んで、はや数年…。
 
shine
 
 
ひまわりの小皿は、わたしたち夫婦の結婚式の引き出物の品です。
新宿の百貨店にあった、メトロポリタンミュージアムの売店で
「これしかない!」と思い詰めて選びました。
お皿の引き出物なんて、重くて扱いが面倒で
きっと来てくれた方には迷惑この上ない選択だったろうと。
でも、咲き誇るひまわりは
わたしたちのスタートを明るく飾ってくれる気がして。
欠けてしまっても、どうしても。
これまた捨てられなかったのでした。
 
 
shine
 
 
茶色い土鍋は、父からのプレゼントです。
初めて実の両親がこの家に訪ねてきたとき。
たまたま一緒に行った陶器店で私が一目惚れし
でも値段が結構なものだったので、あきらめていたら
後で父が「ほしそうにしていたから」と買い求めてくれていました。
大切にしていたのにヒビが入り
本来の任務を全く果たさない、この土鍋。
でもいつか、きれいなグリーンでも植え込みたいと
捨てずに抱えていたモノです。
 
 
shine
 
 
「モノより思い出」とは言いますが
「思い出を語るモノ」というものも
確かに存在しているのですよね。
 
本来の役目を果たせずとも
思い出の証拠品としては、いずれもかけがえのないもの…。
 
 
 
よし、捨てずに持っていよう!
 
 
 
と。決心して再度この品々を手にとろうとしたら…
 
 
crying 야ぁ~っ!!!crying

 

む、む、むうざる、さわらないどいて。
これ以上こわさないどいて(涙)


 勘弁してくれよぉ…

 

 

そんなわけで。

今宵も、KYなしろくろは

三毛たぬきに負けず劣らず、元気です^^;;

 

 

nightnightnight

 

 

 

<おまけ>

 

そんなしろくろ・むうざるが今夜、新たに「思い出」を作ってくれました。

初めて膝の上でねてくれた、のでございます^^

だっこ大嫌いのむうざるの、快挙。うれし~ので、画像ア~ップ(笑)

 

 

 

↓↓↓

 


« 2008年2月3日 | トップページ | 2008年2月11日 »

2015年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

わたしの本棚

  • 「韓国語本」はトライした順に


よろしければ、ポチっと…

열공!!!한국어

無料ブログはココログ