フォト

カテゴリー

otennki

« 2008年1月27日 | トップページ | 2008年2月2日 »

くりうん なるどぅる

こないだ 個人レッスンで。

 

スカパー!でたまたま学生の時にみていたドラマをみかけ

(TBSの「想い出にかわるまで」ってやつです。今井美樹と石田純一の、どろどろのやつ・笑)

そのあまりのファッション、あまりのメイクが懐かしかった、という話をしておりました。

そんな話から学生時代の話、自動車学校の話などに話題が盛り上がり

「この場合の『懐かしいなぁ』という感じは、どういったらいいでしょうね」

と質問すると

「옛날 생각 나요(直訳:昔の思いが現れる)でしょうねぇ」と、おっしゃる。

なるほど…。

 

 

さらに 話は進み。

寒さが募る最近、会社帰り、家までの夜道を歩いていて

頬や指先の冷たさを感じるたびに思い出す、去年の冬のソウル研修。

「戻りたくても戻れない時間、二度と戻れないと思うから、もっと帰りたくなる。

 そんな感じも、同じ 옛날 생각 나요でしょうか」

とさらに質問すると、先生は

「それは、그리워요(くりうぉよ 直訳:恋しい、懐かしい)でしょう!」

というお答え。

にゃるほど。cat

 

 

私のように韓国語道道半ばの者が申すのもなんですが

ときどき、韓国語の方がぴったりとくる単語に出会える気がします。

 

いつまでも、なんども想い出に浸るのはいけないと自戒しても

あのソウルでの5週間の記憶は、

ほんとうになんでもないときに、ふっと私をとらえてしまい。

それは、ひとり夜道に住宅街を歩いていて

どこかの家からニンニク料理の香りがしたりするともう、いてもたってもいられなくなるほど

発作的、です(笑)

 

日常がぱっかりと裂けて、私が連れて行かれてしまう、あの時間。

あの後で、誰と行っても同じ場所に行っても同じ思いは味わえず

逆に、

二度と戻れないのだ、もう次に進んでしまったのだ、と再確認してしまう切なさは

やはりただの「昔を思い出す」より強い

「懐かしい、恋しい」という意味の「くりうぉよぉ~」であります。

 

 

ただ 一番おどろいたのは

その「くりうぉよ」の話の時に、先生がものすごく共鳴してくれたこと。

何度か、この気持ちをブログにしようかと思ったりもしたのですが

「帰れない時間」にくどくど思いを残すことを、うまく伝えられるだろうか

たった5週間で何をいっちょまえに、なにを寝言を、と思われたりするんじゃなかろうか

と控えていたことだったのに。

つたない韓国語で、この気持ちを説明しただけで

「うんうん、そうですよね」とうなずく先生に

「おお、伝わった♪」という喜びを感じ。

 

帰れない時間、というのはきっと誰にでもあるのでしょう。

そのときの流行歌を耳にしただけで、とか

大好きだった人がつかっていたシャンプーの香りに気づいただけで、とか。

そういう時間が増えることが、さて、幸福なのかどうか。

 

 

そんなわけで。

先日お話したとおり、リフォーム前の食料品在庫整理に追われる私は

チキンカレーを作るべく、

生協から届いてしまった鶏肉(もっと計画的に注文すりゃいいんですけどね。くすんcrying

ヨーグルトに漬け込んでる最中。

せっかく作るなら本格的に

ほろほろと崩れるように柔らかく煮込んだ鶏肉を

あと1袋まで追いつめたカレー粉と、新たに発見されたトマト缶で味付けし

極上のチキンカレーにしようという、計画(笑)

 

いつかこの日記を読み直して

「ああ、そういえばリフォーム前に

 在庫整理と称してものすごく美味しいチキンカレーをひとりで食したことよ。

 なつかしいわ~ん、あの日に帰りたいわ~ん」

と思うといいんだけど。

 

 

…思わなそうだな。

 

しょせん、옛날 생각 나다(昔を思いだした)どまりだな(笑)。

 

 

 


去年の冬、お世話になった「のりまき天国」のビビンパプ。

あのチープな味が、無性に懐かしく…くりうぉよ~

« 2008年1月27日 | トップページ | 2008年2月2日 »

2015年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

わたしの本棚

  • 「韓国語本」はトライした順に


よろしければ、ポチっと…

열공!!!한국어

無料ブログはココログ