フォト

カテゴリー

otennki

« 2007年9月18日 | トップページ | 2007年9月27日 »

14周じゃなくて、14回目、なのだった

 

真夏かと思うような日差しが続けば、突然秋風さやさやな午後になったり。

テレビによると、関東地方の衣替えの時期は10月中旬頃だとか。

なんだか、年々季節が読み取りづらく、なるような。

 

 


 

13年前の9月23日の夜は、

確か家族全員、長袖を着ていたような気がします。

明日は嫁ぐ日だ、というんで、式を執り行う街で久しぶりの全員集合外食をし。

たしか、あの夜。私は

 「お世話になりました的なことをいうのなら、それはこの場だっ!」

と緊張していたのに

実際には、式の段取りのつまらないことで両親とケンカしてしまったのでした。

結局、今に至るまで「お父さん、お母さん、ここまで育ててくれてありがとう」

みたいなことは言わずに来てしまいました。

 

あの晩、家族で囲んだ料理は、なんだったっけな?

結婚式がフレンチもどきだったから、前夜は和食かな?

それとも、家族全員で卓を囲んだのなら、中華かな?

ささいなことは、時を経るごとにどんどん記憶のかなた、です。

 

夕食後、私も両親も殆ど会話を交わさずに、冷たい夜風のなかを帰途についた

あの夜の空気のにおいだけは、なんだかよく覚えています。

 

 


今年は秋刀魚が安いですね~^^

 

 

さて。そんなわけで。

秋か夏かも判別しづらいこの9月24日、わたしたち飼い主夫婦は

14周目を迎えることになります。

 

13年前の夜、

9月24日は永遠にこないのではないか、

一緒に時間を刻める人生は始まらないのではないかと不安な眠りについたのに

今は猫2匹を眺めながら、KBSを見ながら、明日のソウル行きの荷造りなどしている…

そう、14回目の最初の夜は、ソウルで迎えることに致しました。

ソウルは秋夕(チュソク=旧盆)のまっさかり。

何をたべよっかな、ハングルは通じるかな、みいはひとりで大丈夫かな…

(注)むうざるは予防接種もかねて病院でお泊まり保育の予定なのでした。みあね、むうざる。)

 

日々は静かに流れており、始まってしまえば日常になる人生というものに

なるほどなぁ、と思ったりする今日この頃です。

 

ちなみに

去年9月25日の日記で、私は

「時計が13から新しい時を刻むなら、私たちも13周目から新しい時間を刻みたい」的な

どはずかし~ことを書いております(笑)

でもってみいざるは、第一次安倍内閣組閣直前のこともあり

「あべくんからの電話、まだこない…」 とぶ~たれておりました。

 

 

 


 

14周目も、15周目も、これからも、ずっと。

家族が健康で、自分の願う人生を、選んでいけますように。

 

« 2007年9月18日 | トップページ | 2007年9月27日 »

2015年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

わたしの本棚

  • 「韓国語本」はトライした順に


よろしければ、ポチっと…

열공!!!한국어

無料ブログはココログ