フォト

カテゴリー

otennki

« 2007年9月14日 | トップページ | 2007年9月24日 »

教室ジプシーと薄着・豹柄オンニ

まじめに韓国語のクラスを替えようと、先週から同じ韓国語学校の

他クラス見学を続けています。

で、そのたびに、あくまで個人的な感覚で「先生」「授業内容」「生徒」という項目で

○(すごくいい!lovely

△(まぁまぁ   happy01

×(私とはあわないかなshock  というチェックリストをつけています。

 

「生徒」という項目でいうと

これまで2年通い続けていたクラスの仲間が一番なのは明らかなのですが。

なんというか、グループだとみんなの「しゃべり加減」も重要な要素なのでチェックしたところ

実はこの「生徒」項目が一番の難関だ、ともわかりました。

 

平日朝のクラスは…なんというか、みなさん私よりかなりのオンニです。

でもって、韓国の芸能界にすっごく詳しい方ばかりでもあります。

考えてみれば通り一遍の韓流スターしか知らない私には、かなりシンドイ展開です(笑)

お仕事されてない方の中で、教室後のランチ?を共にできずそのまま職場に走る私は

どうやらかなり異色の存在らしく…。アウトかな、たぶん。

 

土曜午後のクラスは、そういう意味では様々な世代の様々な職業の方が集まっており

チェックリストでいけば、全部が○になる可能性が秘められたものでした。

が、遅刻してきたというある女性の登場で、クラスの雰囲気は

ぐわぁらり

とかわりました。

イメージ図でいうと、こんな感じ…↓↓↓

 


 

もう、ね、リサイタル。独壇場(笑)。

どうやら英語が堪能らしく、英語と韓国語と独自の文化と香水の香りが混ざった会話が

豹柄に揺れる胸元もまぶしく繰り広げられるんですの。うふふふ。

 

登場した瞬間、きっと私ね、顔がこわばったんだと思います。

先生が私にむかって、「あ、こちら日本人です。ぐふふ^^」っていってましたから。

 

一時は度肝を抜かれたものの、その単語力や積極性に、新たな刺激を感じたりもして…。

 

とまぁ。そんなわけで。

この秋はハングル検定と懸案のリフォームで夜長を過ごすことになりそうな私。

どこのクラスに、しよっかな…。

 

 

« 2007年9月14日 | トップページ | 2007年9月24日 »

2015年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

わたしの本棚

  • 「韓国語本」はトライした順に


よろしければ、ポチっと…

열공!!!한국어

無料ブログはココログ