フォト

カテゴリー

otennki

« 3週間サイクル、か… | トップページ | れっつ、トライ♪ »

アジュンマの心遣い

研修は午前か、午後の数時間。

くる前は想定していなかったのですが、職場で渡される資料はオール、韓国語。

あたりまえっちゃぁ、あたりまえですが(笑)

従って、研修が終わっても資料の翻訳で半日がつぶれます。

 

部屋でハングル文書と格闘している時間帯、なぜか毎度ルームクリーニングとぶつかる。

で、例の「ぽむくれんじょ」アジュンマは、顔を合わせるたび

「なんで外に出かけないんですか?」と仰る。

「午前中は仕事ででかけてて、その内容をすぐに資料にしなければならないんです。

 すいません。掃除のじゃまですよね。ちょっとコインランドリー行ってきます。」

そう答えても、なんだかアジュンマ不満顔。

あんまり毎度尋ねられるし、仕事があってでかけないの、いそがしいの、と答えても必ず

「왜(ウェ~?)」と聞き返される。

そのうち、だんだん、わかってきました。

アジュンマには、私の行動がいぶかしい、もっというと寂しいヤツに映っているらしいことが。

きのうなどは

「東大門市場近いでしょ?服買わないの?」

「ソウルにはいっぱい日本人がいくとこあるでしょ?なんでいかないの」

とまで、質問されたし。

 

 

で、今日。

1日中仕事で外に出、夕方部屋に戻ってみると。

きれいに掃除された部屋の片隅に、とある冊子が置かれていました。

 


私はこんな本、持ってなかったぞ!きっと別室の日本人の残してった本だな。

ぽむくれんじょ同様に(笑)

 

 

 

これがアジュンマの置き土産でなかったら怖いですが。

スイートバレンタインって、もう2週間も前の話やがな(笑)

以下は、私の想像です。

 

どこかの部屋、おそらく日本人の泊まった部屋を掃除中、たまたまこの本を見つけて。

ぱらぱらめくると地下鉄沿いの名所も書いてある、

おいしそうなケーキ店も紹介されている…

そうだ、あのハス模様の部屋のさみしい日本人の部屋においておいてあげよう

 

アジュンマは、そう思ってくれたのじゃ、ないんだろうか。

 

ちょうど今日、通訳さんと「韓国人のプライバシー概念」について話が盛り上がっており

その直後に遭遇したこの出来事に、ちょっとくすりとしちゃいました。

 

私は帰国するとき、この部屋に何残していこう?ちょっと、わくわくしてます。

 

 


今日、東大門で。みつばちが飛んでいるのが、みえますか?

« 3週間サイクル、か… | トップページ | れっつ、トライ♪ »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 3週間サイクル、か… | トップページ | れっつ、トライ♪ »

2015年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

わたしの本棚

  • 「韓国語本」はトライした順に


よろしければ、ポチっと…

열공!!!한국어

無料ブログはココログ