フォト

カテゴリー

otennki

« 2007年1月8日 | トップページ | 2007年1月21日 »

火鉢愛好会

このお正月、うちに突然登場した新サークルがあります。

その名も「火鉢愛好会(仮)」。メンバーは飼い主B。サークルリーダーも、飼い主B(笑)

 

数年前に古道具屋さんで長火鉢を買ったのですが

そのときは飼い主2匹とも日々に忙殺されており、炭をおこしたりお茶を点てたりなどせずじまい。

ガラスの板を上に載せて、テーブル代わりにつかっていたのでした。

が、このお正月、

「炭火をおこしたいなぁ」と、ほんとうに突然飼い主Bが言い出したのでした。

ノロウイルスは頭にもくるのか、と耳を疑いましたが

調べてみると、ネットで火鉢関連グッズが購入できることもわかり。

もともと私が、鉄瓶を異常にほしがっていたこともあったので

思い切って、必要最低限の道具を購入したのです。

 


こちらが、飼い主Bが今一番愛しているスペース

 

 

炭火に鉄瓶で沸かしたお湯は…味覚ばかの私に違いを識別できません(笑)

ただ、炭の香るこうばしさは、なかなか風情のあるものです。

火鉢に近寄ればほっこりと暖かいのもうれしく。

ああ、こういうふうにして昔は暖をとったのね、とか

炭の形はよくみるとひとつひとつ違うなぁ、とか、発見はあるものです。

 

 


この「火種」が、飼い主Bがみいざるの次に愛しているもの。

わたしとむうざるは、おいてけぼりっす(笑)

 

この3連休、飼い主はそれぞれに宿題を抱え、ゆったりとは休めない数日でした。

が、この新サークルのおかげで、身の丈分のやすらぎを感じた気がします。

 

で、も、ね。

 

心配ごとがありまして…それは火鉢の灰。

猫を飼ったことのある方ならわかるはず。この物体は、猫のトイレ砂と酷似しています(笑)

「この灰の中に、思う存分○○○をできたら…」

とねらっているおんながひとり。

 

 

cat    cat    cat

 

レム睡眠の間も、灰でのトイレを夢見るむうざる。前科はいまのところ、なし
あくまで、いまのところ…。



« 2007年1月8日 | トップページ | 2007年1月21日 »

2015年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

わたしの本棚

  • 「韓国語本」はトライした順に


よろしければ、ポチっと…

열공!!!한국어

無料ブログはココログ