フォト

カテゴリー

otennki

« 2006年10月10日 | トップページ | 2006年10月14日 »

ひさしぶりにビデオ

白いボディのニューデジカメが到着しました。

 

メーカー側は、この色を「ノルディックホワイト」snowと称しています。

が、とても「ノルディックホワイトちゃん♪」とは呼べないので

「ノルディンスキー」という愛称にしてみました。ほほ、北のイメージ。

飼い主Bもロシアに行ってることだし(笑)。

そんなわけでさっそく、散歩中のみいざるを、ぱしゃり。

 

 


なんでみいざるがこんなに小さい画像かというと、

実はもうひとつおまけがあるから、です。

むうざるビデオ。久しぶりにビデオを編集しました。

みなさんにうまく見れたらいいのですが…。

もし見られなければ、それはノルディンスキーがまだ未熟者だから、です。

笑い流してくださいませ。

 

 

<ビデオを見る方法>

右上のfileマークをぽち、と1回右クリックね。

14歳VS15歳、そして

飼い主B不在2日目。

彼がいなくて変わることは、

ねこ育てに割く時間とテレビドラマを見る時間が2倍になること…。

 

本日から始まる「14歳の母」というドラマを見ました。

日本の連ドラは実は久しぶり。A新聞で大きく取り上げられていたので

初回でも見てみるか、と思いつつチャンネルを合わせました。

きっと、後味はよくないだろうと思いながら。

 

私は、「金八先生」で杉田かおるが15歳の母を演じたとき、中学生になったばかり、

という世代です。

夢中になって毎週金曜夜を楽しみにしていたのに

ある日突然、親から「見てはいけない。理由は、とにかくだめなのだっ」と宣言され

親が疎んじる理由すら知らない13歳には、全く理不尽なことのように思えたものでした。

 

おかげさまで、いま私は親がああいった理由がわかる年になりました。

はい。いまならわかります。そら、いやだわな…(笑)説明するのに骨が折れたね、お母様。

 

そういう変化の後に見る「14歳の母」は、この数十年の間に

10代の置かれた事情が様変わりしたことを知るきっかけとなりました。

 

ひたすら大学受験に追われる兄、貧しさにグチをいう母親の中で

15歳の杉田かおるは、逃げ場となる「神聖な場所」を異性に探し、結果妊娠していたように

記憶しています。

今日みた14歳は瀟洒な一軒家に住み、パートする母親も、仕事に追われる父親にも

子どもを顧みる余裕があるようです。非常に理解のあるご両親に見えました。

そして、まだ恋の入り口で妊娠した14歳は「お母さん、助けて」と心で叫びます。

人生の場面転換で叫ぶ言葉は「お母さん、助けて」。

お母さんが必要な年頃で、お母さんになってしまうという状況なのです。

 

ううむ…。これはいったい、誰をターゲットにしたドラマなのだろう。

14歳は、これを見て何を思うのだろう。

14歳の親は、これをどう受け止めるのだろう。

 

人生の選択は、3分の1はハプニングなのかもしれません。

ハプニングの場合、選択に責任がとれるかどうかは後付け。

本人と周りの力量がいやおうなくためされます。

せめて韓国ドラマのように、主人公だけでなく周辺の人の思いが情景描写以外の形で

描かれれば、何かを残すのだろうけど。

 

14歳か…。自分以外の命と引き換えにするには、あまりに捨てるものが多いような。

そう思うのは、自分がすでに14歳のみずみずしさを失ってしまったからかしら…。

雨に打たれたり5段跳び箱してまで子どもを流産しようとし、

それでもお腹に残った命をいとおしむ杉田かおるが、あの頃は聖女に見えた気もするけど。

 

でもまぁ、こういう風にヨロカジ考えられるのは日本語のドラマだからでしょう。

韓国語のドラマはもう、最近ヒアリングに目が三角で、自分の人生になど置き換えられないので。

(大体私の人生に、大富豪の息子は1度も登場したことがないですから…。当たり前か。)

 

14歳vs15歳が、私にとって月日の流れを確認させる出来事なら

生後5ヶ月VS生後8年は私の体力を試す試金石。

みいざるの激しいえさ要求に、左手でねこフードを準備し、右手でむうざるを遊ばせるため

ねこじゃらしを振り回し続ける午前1時。アイゴー。

 

ちなみに今日もデジカメがないので、いまのみいざるに一番近いアリモノ画像で

今日はおやすみなさい…

 

 


« 2006年10月10日 | トップページ | 2006年10月14日 »

2015年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

わたしの本棚

  • 「韓国語本」はトライした順に


よろしければ、ポチっと…

열공!!!한국어

無料ブログはココログ