フォト

カテゴリー

otennki

« 2006年7月17日 | トップページ | 2006年7月20日 »

雨の月曜は映画を

週があけました。

仕事が始まればなかなかクルルのアップも滞るので

「今夜も韓国広告シリーズをいってみよう!」と思っていたのですが…。

 

前々から、飼い主Bに進められていた映画があり。

いざ劇場にいこうと思ったら、すでに上映が終わっていたので

本日DVDで見ました。残念ながら韓国映画ではなく、「4様」も「涙の女王」も無縁の映画…。

「ま、見るか」というぐらいで見た映画です。

 

タイトルは「クラッシュ」。今年のアカデミー賞でずいぶん騒がれたのは記憶に新しいところ。

 

開始30分。みいざるとむうざるはリビングでえさ要求

                   →無言のままえさ補給。

開始1時間。むうざるがみいざるにちょっかいだす

                   →画面から目を離さないようにして、むうざるをたしなめる

開始1時間45分。みいざるもむうざるも爆睡

                   →飼い主没頭。もはやネコなど念頭になし。

 

映画を見終えて、なんというか、今わたしたちが確認しなきゃならないことは

こういうことなのだろうなぁ、と漠然と思いました。

同じ人種が一つの領土にいる国では想像もできない、様々な差別、軋轢、困難。

どんなに否定しようとしても、自分が○○人と呼ばれてしまう現実。そこに生まれる困難。

「9.11以降」の世界がずんずん迫ってきて、圧倒されてしまったのでした。

 

私はアメリカの地を踏んだことがありません。

でまた、最近身近になった韓国は、同じ有色人種の国。

言葉の壁はあっても、なにかこう、同じアジアの思いがあります。

韓国語を学び始めて、すっかり韓国漬けになっていた私にとって

なんだか少し、視界を広げられた気がする映画でもありました。

 

そんなわけで。

この映画をどう受け止めるか。二匹の飼い主ざるは今夜は話題がたえません。

映画は劇場で見るのが一番ですが、DVDもまんざらではない。

だって、見終わってすぐに長蛇の列の女子トイレに並んだり

おしゃべりする喫茶店探す手間なく、感想をはなしこめるもの。

今夜はしばらく、映画談義が続きそうです。

 

ちなみに今日の文字色は銀幕からとって銀色(のつもりのねずみ色・笑)

…ちょっとみづらいかな。アイゴー

by水野晴郎先生

« 2006年7月17日 | トップページ | 2006年7月20日 »

2015年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

わたしの本棚

  • 「韓国語本」はトライした順に


よろしければ、ポチっと…

열공!!!한국어

無料ブログはココログ