フォト

カテゴリー

otennki

« 2006年6月4日 | トップページ | 2006年6月8日 »

「そして人生は続く」(ってのは映画のタイトルですが…へへ)

月曜日に職場へ行くと、ついつい人生について考えたくなるsonzaruです(笑)

 

韓国に前のめりになってから、鷺沢萌の本を読むようになりました。

小説よりエッセイ。朝鮮半島にルーツを持つ彼女は、韓国への語学留学も果たしています。

やれ新村でトッポギを食った、だの、語学堂のレベル分けテストが不本意だった、だの

韓国好きで、いつか彼の地にゆきたいと思う人間にはぴったりなので。

 

そんななかに。

「がんばればなんとかなる」と願いをかなえることよりも

「がんばってもどうにもならない」と諦めることの難しさを書いた文章がありました。

大人はしばしば子どもに「がんばって夢を叶えろ」というけれど

「がんばってもどうにもならないこともある」と諦めることは教えたりしない。

年を重ねて、人生の舞台が突然暗転するような場面に

人は自分ひとりで、諦めることを学習しなければならない。その孤独の深さはいかばかりか。

そんなような内容です。

 

「生老病死」という言葉があります。私の今の仕事は、ほぼこの4文字に凝縮されます。

そしてまた、この4文字は、努力ではどうにもないものでもあります。

生まれること、老いること、病を得てしまうこと、この世から立ち去ること…。

どうにもならないことがある人生だからこそ、努力でどうにかなることに

精一杯の力を尽くすのだ。

ひとにも、自分にも、みいざるにも。

せめてそう言い聞かせようと思わざるを得ない、月曜でした。

ふ~。

 


つくねんと。みいざるも物思いにふけています。

« 2006年6月4日 | トップページ | 2006年6月8日 »

2015年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

わたしの本棚

  • 「韓国語本」はトライした順に


よろしければ、ポチっと…

열공!!!한국어

無料ブログはココログ