フォト

カテゴリー

otennki

« 2006年5月15日 | トップページ | 2006年5月19日 »

みいざる社長の不満②

社長、またえさを要求。

…どうでもいいけど、またおなかがたぷたぷしてるよ。


 

みいざる社長の不満①

 

今日も社長イスに陣取るみいざる氏。

秘書を呼びつけて、なにやら…


 

 
 
  →→→②につづく

いまはひょっとして悩みどころ?

明日は週1回の韓国語教室です。

 

先週、2ヶ月ぶりに復帰した教室は、メンバーも内容もずいぶんかわっていました。

 

へぇ、と思ったのは、授業開始30分間日本語禁止時間になっていたこと。

『先週はどんな風にすごしましたか?』という先生の問いに

全員韓国語で答えなくてはなりません。

そんなこと全く聞いてなかった私はぬぼ~っとしてて

隣の友だちが耳打ちする「30分日本語禁止なんですよ」という言葉に

のけぞってしまいました。

 

ほぉ、と思ったのは、新たに男性が参加していたこと。

学校の先生というその方は、ずっと独学でやってきたんだそうです。

それまで男性生徒はお一人だったので、これはなかなかすてき。

女子ばかりだと勢い韓国ドラマネタに転がってしまうので(笑)。

韓国の政治や社会の話もでてくるようになったら、なかなか興味深いです。

 

うひょ、と思ったのは、見学にきていた女性の存在。

2年前に留学経験があるというその人は、自分のレベルを模索して

私達の教室に来られたそうな。

傍から見ていても、聞き取り、会話がこなれていて、

こっちの方が自分のレベルを思い知らされました。いやはや。

流暢な韓国語を聞きながら、ちびまる子ちゃんのように

「あんただったらもっと広い海で泳げるよ。あたしゃぁついていけないね。」

とこぼしたくもなり。

 

そんなわけで。

新たな展開が続くうちに、今月限りで今学期は終了です。

引き続き同じクラスでやっていくのか。

会話だけをトレーニングできる別の場を探すのか。

ちょっと悩んでいます。

言葉というのは結局場数のような気がする。痛い思いをしなければ、ほんとうには

身につかないような気もする。

問題は、痛い思いをわざわざするための勇気と体力、そして時間を

これからの生活で割けるのかどうか。

もしかしたら、楽しむだけではない心構えのようなものが、私のハングルには

必要になっているのかもしれません。

 

仕事場に戻り、教室に戻った私は少し疲れ気味。

自分のペースが、ちょっとつかみきれてないような…。うむむ。

 


            痛い思いはついこないだしたばかりのような気も…

« 2006年5月15日 | トップページ | 2006年5月19日 »

2015年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

わたしの本棚

  • 「韓国語本」はトライした順に


よろしければ、ポチっと…

열공!!!한국어

無料ブログはココログ