フォト

カテゴリー

otennki

« 2006年4月14日 | トップページ | 2006年4月19日 »

ちょっとばかり、遠出です

庭に、りんごの花が咲きました。

私の住む神奈川の街は、すっかり葉桜の季節です。

 

植えて数年でようやく花ひらいた、りんごの木

 


          シャガのつぼみ。飼い主Bが野猿化して丹精したもの。

 

 

今ではステッキなしで歩けるようになった私。

連休明けに職場復帰の予定です。

仕事が再開されれば、のんびり時間を過ごすこともできないだろうと

明日から1週間、実家に里帰りすることになりました。

 

自分で決めたこととはいえ、

いざみいざるや家族、このパソコンと離れるとなると

微妙に寂しい。

親やきょうだいの顔を見たい気持ちは、もちろんあるのですが。

 

しょうがない。実家ではシーズー犬・るびぃが私を待っている。

(に、ちがいない…。自信はないけど。)

来週は、「臨時増刊:るびぃといっしょ」を更新したいと思います。

(実家のパソコン、画像とりこめるかしら…)

 

 



      本日午後9時。朗報に胸の高鳴りをおさえきれないみいざる先生

「今日のお題」の答えは当然…

今日のお題

身近な人の心の声が聞けるとしたら、誰の心の声を聞きたいですか?


…もちろん、みいざるです。

①はげの本当の理由はなにか。

②飼い主Aのことをどう思っているか。

③飼い主Bのことをどう思っているか。

④生まれたときは何人きょうだいだったか。

⑤拾われる前、よそんちの飼い猫だったということはあるのか?

 

猫の言葉の翻訳機・ニャウリンガルでも、①~⑤の答えは明かされなかったので。

ぜひっ!

 

 


いまごろ、冬ソナ…!?

この4月から、スカパーのLala TVというチャンネルで

「冬のソナタ 完全版」が放映されています。

恥ずかしながらDVDも持っている私は、放映予告を目にしたときまでは

「冬ソナ?はん、もう卒業したぜ」と笑いとばしていたのです。

が、病は実に簡単に、再発しました。

 

土曜の9時半から約1時間。

タタタタン タタタタン♪と物悲しいメロディが流れた瞬間に

(一応「ぱちんこ冬のソナタ」のCMでないことを確認した上で)

ソファに着席し、テレビに釘付けになる状態が続きます。

筋など完全にわかっているくせに

「ああ、なんてサンヒョクしつこいのっ」とか

「ああ、どうしよう。約婚式に遅れちゃうじゃないっ」とか言ってしまう…。

完全に数年前の焼き直し。

ここのところの寒さでテレビオンドルで生活しているみいざるは、

完全に嫌気がさしたもよう。

 



 …いいじゃない、いい話なんだからっ。冷たいなぁ、みんな(飼い主A)

 

 

ちなみに。

飼い主Aは昨日、20センチばかり髪を切りに美容室に出かけました。

当初のテーマは「ユジンみたいな清楚なイメージで春を演出」。

が、何をどう間違ったのかハサミを入れるかわりにパーマしてしまい

今は頭がチンスクです。これも、家族に揶揄される一因なのでしょう…。

 

で、冬ソナですが。

今現在地球の裏側・ブラジルでも大流行?なんだそうです。

ブラジル在住の女性から「ヨン様命です」というメールを受け取り

ためにためた冬ソナ関連ムック本をブラジルに向け発送しました。

すごいなぁ。この威力に改めて感慨を深くしています。

ミサにしろ、冬ソナにしろ、韓国ドラマの魅力の秘密はいったいなんなのだろう…。

 

 

« 2006年4月14日 | トップページ | 2006年4月19日 »

2015年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

わたしの本棚

  • 「韓国語本」はトライした順に


よろしければ、ポチっと…

열공!!!한국어

無料ブログはココログ