フォト

カテゴリー

otennki

« みいざるママ、バーにいく | トップページ | 女学生みいざる・飲み会にいく… »

ドッジボールな展開

スポーツを観戦するなら、実力伯仲、互いの戦略を競い合うようなものの方が面白いに違いありません。

私のようなスポーツオンチの人間でさえ「いい試合」には感動するし、

○○戦術なんて知らなくても頭脳プレーや心理戦には、その種目自体が進化している興奮を感じます。

どうせ競争社会なら。敵と味方がいる世の中なら、健全な競い合いを見るほうが

いっそすがすがしいような気がするのですが…。

 

「録画してる韓国ドラマでも見るか」と点けたテレビで偶然目にしたのは

衆院懲罰委員会の質疑。

ホリエモン関連のメールで予算審議を空転させた、あの問題ですね。

めったに国会中継などみないものの、テンポのいい質問にちょっとくすぐられました。

でいながら、聞いているうちに

「ああ、結局ドッジボール展開だなぁ」とだんだん憂鬱な気分になってきてしまいました。

永田議員がかわいそうになったから、では勿論ありません。というより、

事ここに到る経過が、そもそもドッジボールじゃないかと。

 

太鼓腹の青年実業家をさんざんもてはやした挙句、落ち目となるとたたきまくる。

彼を利用した政治家もついでに叩きまくる。

叩いた人も、叩き方がお粗末だったと叩かれる。

…やれやれ。この一連の騒ぎで何が残ったものやら。

国会でいえば、メディアが「メール問題メール問題♪」と大騒ぎしている間に

社会保障関連の法案がかなりのスピードで通ってしまったようだし。

 

私は運動オンチな子どもで、

体育の時間にドッジボールが始まると恐怖で瞳孔が開きました(笑)

弱いやつの弱い部分(例えば私だと足ですね。逃げ足遅いから)を見つけると

当たり前ですが、力のある子は絶対的に狙ってきます。

苦手な子どもにはこれほどつらいことはなく…。ボールを投げる時の、友だちの歪んだ笑顔は今でもスローモーションで焼きついてるほど(笑)。

ドッジボールをするたびに「なんちゅう残酷なスポーツなんじゃ」と子供心に感じました。当時あった「道徳」の時間では「弱い人は助けましょう」とか言ってたじゃないか!と。

球を当てられてすごすごと外野に回ると

あとはグラウンドの砂で絵を描いてるぐらいしか対応策なし。

運動神経ないから外野まで馳せ参じた訳で、先生が言う「外野で味方を助けろ」なんて

美しいリベンジはもともと期待できません。

あの競技に「戦術」と呼べるものはあったのかしら。

ドッジボールで感動を与えるなんてプレイは可能だったのかしら。およそ無理なのではないか、と今でも私は思います。

(あ、でも運動神経がよかった方は勿論そういう印象ではないでしょう。

 ひょっとしたらドッジボールも日夜進化し、オリンピック級の世界大会があるかも。

 そうだったらごめんなさい。私も人にボールあててみたかっただけなの…笑

 あくまで『負け犬の遠吠え』ということで)

 

自分も含めて、なのでしょうが。

思えば今の世の中はドッジボール展開が多すぎるように思います。

球をぶつけ合っている間に時間が過ぎていくような。

でも少なくても税金でやってるプレイなら、ドッジボールじゃなくて野球にしてほしい。

WBC決勝戦、私は涙がこぼれたぞー。

 

あ~、午前中だというのにむやみと世の中を憂いてしまった。

これでは飼い主Bに「エッセイストきどり」と批判されてしまうなぁ…。

お茶を濁すために、みいざる写真を掲載して終わりにしよう。

さぁ、浮世を忘れて「ハッピートゥギャザー」最終回みなきゃ~。

 

 

 



« みいざるママ、バーにいく | トップページ | 女学生みいざる・飲み会にいく… »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« みいざるママ、バーにいく | トップページ | 女学生みいざる・飲み会にいく… »

2015年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

わたしの本棚

  • 「韓国語本」はトライした順に


よろしければ、ポチっと…

열공!!!한국어

無料ブログはココログ