フォト

カテゴリー

otennki

« 2006年3月20日 | トップページ | 2006年3月22日 »

「いきなりだんご」外出

WBCの号外を求めて怪我人も出たという今日。

が、飼い主Aは朝刊のチラシに心奪われていました。

「沖縄・九州うまいものフェア」で期間限定販売の

 

熊本名物「いきなりだんご」。

 

以前、お取り寄せ品特集の雑誌で、

今をときめく酒井順子さん(「負け犬~」の著者ですね)が絶品と紹介していたシロモノ。

食べたいと思って販売元に連絡するも、送料の高さに断念した過去があります。

送料800円といわれたあの「いきなりだんご」が、近所のスーパーで買える?

この機会、逃してなるものか。

飼い主Bの協力の下、とうとうくらら号で外出したのでした。

 


 

なぜ「いきなり」かというと

お客さんが来てもいきなり出せるから、ということらしいです。

(ふつうはどんなおだんごでもいきなり出せるように思うけれど…)

熊本名物の甘藷と粒あんが入っている、素朴なお味。

 

これをゲットするための130センチ目線外出も、なかなか有意義でした。

休日で家族連れも多いだろうと、ちょっとびびっていたのですが

想像以上に、お客さんがケアしてくれます。

面白かったのはベビーカーに乗ってる子どもたち。

私と彼らはほぼ同じ目線の高さです。

エレベーターに乗ると、私を見つけた子どもが一目みてぎょっとしている(笑)

子どもながらに「この高さに乗ってるのは子ども」と認識してるんですね。

常識が覆ったのでしょう。世の中にはいろいろな人がいるのだよ、子ども諸君。

 

で、おうちにやってきた「いきなりだんご」くん。

 


  冷凍3個入りで420円。レンジで2分あたためていただきます。アジュ マシッソヨ!

 

 このおいしさは、私の筆力ではとても表現できません。

 なので、みいざる先生のこの顔で

 


テレビっ子の日々

KBSがスカパーのパックメニューに入ってから

韓国語放送も含めだらだらとテレビを見続ける私。

ある日のメニューは

 

愛情の条件(KBS)→正午のニュース(KBS)→あらいぐまラスカル(?)→

金曜日の妻たちへ(TBS)→ハッピートウギャザー(so-netTV)→オレたちひょうきん族→天国の階段(LaLaTV)→金八先生(TBS)…

 

と、ハングル問題集片手にテレビを見続けてしまいました。

「療養中!療養中!」と言い聞かせているものの

30代成人女子がこんなことでいいんだろうか…。

 

韓国ドラマは、字幕なところがありがたいです。

習い始め当初はとてもとてもわからなかったハングルが

ある程度の会話ならわかり始め、それがちょうど勉強したての文法だったりすると

妙に納得がいきます。

「ドラマで○○がこういってたあれ」とインプットされるのが、平板な机上の勉強より

100倍頭に残り、なかなか刺激になります。

 

他方、かつて10代、20代にみたことのある番組もなかなか味わい深い。

「金妻」と騒がれていた頃、私はまだ10代前半。

大人は大変なんだろう、と漠然と思っていただけですが

今の私は、主人公の、例えばいしだあゆみやなんかの年齢設定とそうかわらず!

肩パッドの入った服や、PCの全くないオフィス、密会の約束に使う公衆電話等

今では前時代的になった風俗にも驚きますが

何より、不倫を扱ったドラマがあれだけブームになったことも感慨深い思いがします。

これよりディープな話題など、昨今ごろごろしてるのだから…。

みなさんは、忘れられないドラマって、どんなものでしょうか?

 

などとヨギチョギ遊びに行きながら、時代の移り変わりをテレビで確認する私。

他方、身動きのとれない飼い主のせいで散歩にいけないみいざる先生は

ストレスフルな日々を送っています…。

だって走るとみいざるの方がはやいんだもん、いまは。

     


    飼い主Aには顔もみせたくないのか、ひきこもり生活のみいざる先生

« 2006年3月20日 | トップページ | 2006年3月22日 »

2015年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

わたしの本棚

  • 「韓国語本」はトライした順に


よろしければ、ポチっと…

열공!!!한국어

無料ブログはココログ