フォト

カテゴリー

otennki

« 2005年11月24日 | トップページ | 2005年11月29日 »

그냥…

ハングル検定から一週間。

脱皮現象幻想→妄想と判明→燃え尽き症候群

モチベーションは小豆相場なみの激しい変動を見せたけど

ようやく、落ち着きました。

 

新しい問題集(なんと今度は準2級用です。恐れ多いのぉ)を広げ

毎日少しずつ続けています。

 

思えば、ハングルを独学で始めたのは去年の11月。

9回目のソウル旅行の前に

「そろそろハングルが読めてもいいのでは…?」とふと思い立ち

反切表片手に見よう見まねで覚えていったのでした。

お風呂タイムにはチョンマルブックをカタカナで丸暗記。

飼い主Bのために「タンペ ピォド ドゥエヨ?」だけは完璧にしたことを覚えてます。

 

おとといひさしぶりに、お湯ににじんだチョンマルブックを取り出しました。

(都合2回、チョンマルブックは湯船で溺死しかかった…)

去年カタカナで覚えた言葉は、ハングルを見てするする読めるようになってる。

ちょっとうれしかったな。

 

ハングル検定の後、次のような会話で友達と盛り上がりました。

 

「ハングルやってる、って友達にいうと必ず

『え~、なんでハングル?あ、冬ソナ?』といわれる。

それ、むかつくんだよね~。

英語やりたくてNOVA行ってます、っていう人には

『え~なんで英語?』とは言わないくせに~。」

 

これは半分当たってるような気がします。

ハングルの理由を問われるとカチンとくるんだけど、

「そういわれるのもわかるな。自分でも、なんで韓国なんだかわかんないもん」

っていうのが正直なところ。

ただまぁ、理由なんていくらでも後からついてくるような気もします。

 

目の前にたまたま深い森を見つけて

分け入ってみれば、見たことのない花や初めて聞く鳥の声に出会ったような。

その森が「アメリカ森」でも「韓国森」でも「中国森」でも

道を進む楽しみは、きっと一緒なんでしょうし。

 

などと。チョンマルブック一つでポエムの世界に入ってしまう安い私(笑)

よおし、sonzaruくん、その調子でいってみようじゃないか!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いじられてばかり…

 
カーペットの上でどで~っとしてるみいざるを見ると
やっぱりなんか、したくなっちゃうんですよね(笑)
ただしこの日の犯人は飼い主B。
みいざるの上に猫のアイピローを乗せて
暗い笑いを浮かべている…。
 

 


 

  でもまぁ、みいざるもみいざるだよねぇ。

  自分が振り落とせばいいことなのに、救出を目で訴えてる…。

この依存体質がかえって飼い主のいじり病を引き起こすのだぞ。

自分のことは自分でけりをつけなさい、もう7歳なんだから!

« 2005年11月24日 | トップページ | 2005年11月29日 »

2015年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

わたしの本棚

  • 「韓国語本」はトライした順に


よろしければ、ポチっと…

열공!!!한국어

無料ブログはココログ